アフィリエイトサイトの内部対策について

副業・アフィリエイト

更新日

オッス!今回はアフィリエイトサイトの内部対策について解説すっぞ!

スポンサーリンク

内部対策の基本的な考え方

 

内部対策とは、Googleにコンテンツを伝わりやすくする方法だとオラは考えている。
だから、内部対策だけでサイトが上がるわけじゃなくて、素晴らしいコンテンツを書くことの方が重要だと思う。
ただ、Googleも機械で評価してるから、クローラーに伝わりやすいフォーマットは存在すると思う。

そのため、人間だけに伝わるようにコンテンツを作るのではなく、GoogleのクローラーやAIに評価されやすいようにコンテンツの形を整えるのが内部対策という認識だ。
だから、内部対策だけやっていてもコンテンツがクソなら上位表示しないと考えてもらって構わねえぞ。

コンテンツの考え方はこちら

SEOで上位表示する良質なコンテンツを作る方法
SEOで上位表示できる良質なコンテンツとは何でしょうか?具体的にわかりやすく解説します。

オラがやっている内部対策

 

オラがやっているページ内の内部対策は以下の通りだ。

・タイトル
・ディスクリプション
・見出し
・コンテンツ部分(キーワード比率)
・発リンク
・アイキャッチ
・その他の内部対策(画像・動画など)
・内部リンク

これから順に説明していくぞ。

タイトルの設定

 

まずはタイトルの設定だ。
タイトルは30文字以内で左端に狙いキーワードを入れる。これは基本中の基本だ。
別に左端じゃなくてもいいって考えもあるけど、キーワードによってはGoogleに正しく認識されないことがあるからオラは左端の原則を厳守してる。
タイトルはSEOにおいて一番重要だから、別の記事で詳しく解説する予定だけど少なくともこの原則から外れないようにした方がいいぞ。

ディスクリプションの設定

 

ディスクリプションはサイト説明文で、検索結果にタイトルの下に表示される。実はこのディスクリプションはアフィリエイトサイトの内部対策において非常に重要だ。

ディスクリプションは直接SEOに影響しないが、検索結果に出るからクリック率に影響する。だから、記事についての要約をなるべく短くわかりやすい文章で書いた方がいい。

オラもよほどCVが発生している重要な記事じゃない限りはディスクリプションに時間はかけないけど、一応は全記事に書いているぞ。

見出し

 

見出しは内部対策において重要な項目の一つだ。

おそらくGoogleはいきなり記事内の全部の文字を読み込まず、まずは見出し(hタグ)の情報から読み込んでいると思われる。

オラの場合、見出しは基本的にH2タグ(段落2)を使っている。
そのH2タグの中に小見出しを入れる場合はH3、H3のなかに入れるときはH4と入れ子関係になるように設定するぞ。

ちなみに見出しに狙いキーワードを入れるとSEO的にプラスに働く。ただ、全部の見出しに無理やりキーワードを入れるなど不自然なことをすると逆効果になるから要注意だ。
オラはH2見出しにはなるべくキーワードを入れるようにしてるけど、h3とかには使わないようにしてる。

見出しはユーザビリティも考慮

 

内部対策とはズレるけど、オラの場合見出しはユーザビリティも考慮してこまめに使うようにしている。
見出しを使わずに文章を延々と書いているとユーザーは読みづらい。だから、本来見出しで分ける必要がなくても文章が長くなる時は無理やりh3見出しで区切るようにしているぞ。

コンテンツ部分(キーワード比率)

 

コンテンツはユーザーの役立つ情報でなおかつ自分の主張、実体験が書かれているものがベストだ。これにはあまり小手先のテクニックは通用しない。

だけっども、やはり狙いキーワードをある程度多めに入れるように意識していかないとダメだと思う。Googleは機械で判断しているから、狙いキーワードを盛り込まないと、何のキーワードで上位表示してあげればいいかわからなくなってしまう可能性がある。

だからオラは、SEOの内部対策をするために、多少不自然でも狙いキーワードを盛り込むようにしている。←別に「SEOの内部対策」って書かなくてもいいのにわざわざ書いてる例

発リンク

 

発リンクとは、どこか別のサイトのリンクを入れることだ。知ってる人も多いけど、発リンクはSEO上プラスに働くことがわかってる。

参照:発リンクはSEO対策の効果がある3つの理由

だからオラは参考になったサイトは正直に「引用」や「参考サイト」としてリンクを貼ることにしている。

Googleのサイトを評価する仕組みは、もともと論文を評価するシステムをベースに開発されている。どんな論文にも必ず引用や参考文献は含まれているし、きちんとした論文はかなり多くの引用が用いられている。

つまり、被リンクだけでなく発リンクも重要になっていることは間違いないってことだ。
だからオラはなるべくアフィリンク以外にどこか別のサイトに発リンクするようにしている。
それどころか完全に内部対策のために、こじつけて他のサイトを「引用」として紹介していることすらあるぞ笑

権威性のあるサイトに発リンクする

 

あと、普通のwebサイトよりも公的機関や教育機関など、関連性があるジャンルで権威性のあるサイトへのリンクのほうが評価されるようだ。

もちろんそういった権威性あるサイトのリンクをトップページに入れるのもアリだ。
転職ジャンルで言うと厚生労働省とか、金融ジャンルなら金融庁とか日経新聞とかも絶対プラスになるぞ。

アイキャッチ

 

アイキャッチはワードプレスを使っているなら必ず設定したほうがいい。アイキャッチなしだと記事一覧がさみしくなってしまうからな。

でも、フォトショとかを使って本格的なアイキャッチを作る必要はオラは全くないと思ってるぞ。もちろんそういうのが好きならそうすればいいと思うけど、

ユーザーは作り込んだ画像が見たくてサイトに訪問してるわけじゃないからな。

だから、内部対策という意味ではアイキャッチにこだわる意味はないと思う。
何よりめんどくさいし時間がかかるから、その時間を使って記事を書いた方がずっといいと思うぞ。

ただ、フリー画像を入れるだけのサイトはさみしい感じがするし、適当に作った感丸出しだからユーザーが離脱しやすくなる。
そこで、オラはペイントで文字だけ入れたイケハヤスタイルでやってるぞ。

その他の内部対策(画像・動画など)

その他の内部対策について。オラはあまり画像をベタベタ貼るのは面倒くさいから好きじゃない。でも、PVが多い記事とかには見出しの下に要約だけ書いた画像を入れてることがある。まあ転職ジャンルだから文字だけで十分だと思うし、そもそも転職ジャンルで画像っていらなくね?と思ったからだ。

ただ、商品のレビューサイトとか美容系のサイトはなるべく画像を使ったほうがいい。ユーザーにとっても商品の画像なんかがあればコンバージョン率が上がるしな。

動画は積極的に貼り付ける

 

一方でYouTubeなどの動画(他人がアップした動画でOK)を記事内に貼り付けると明らかに順位が上がりやすくなる。これはオラが半年ぐらい前に見つけてこっそりと実践してた。

最近ではまーさんという超アフィリエイターが同じこと言ってて思わずリプライしちまった。(面識全くないのにすまねえ)

これはYouTubeを貼り付けること自体が順位アップの要素なのか、動画を見たユーザーが滞在時間を上げてくれるのかどちらかはわからねえ。
でも、明らかに順位が上がるスピードが速くなってるから、内部対策するためだけに記事の内容と関連するYouTube動画を貼るようにしてるぞ。
※ちなみにYouTube以外でも多分大丈夫だと思う。

あとTwitterとかインスタとかはたまに貼ることはあるけど効果は不明だ。

内部リンク

 

最後に、関連性の高い過去の記事があれば内部リンクを入れる。
内部リンクの入れ方は過去の記事と関係のある部分の直後に

詳しくはこちらの記事を読んでくれよな!
カードリンク

みたいな感じで入れてる。

あとは、同じことを言及しなければならなくなったときに内部リンクを入れることもある。
これは重複を防ぐためだ。同じようなことを何回も書いているとGoogleから重複コンテンツと見なされ評価が低くなることがある。
重複コンテンツに関してはこの記事で解説してっぞ!

アフィリエイトサイトのサイト設計について
アフィリエイトサイトのサイト設計において重要なポイントを紹介します。

みたいな感じかな。

過剰に内部リンクしない

 

内部リンクは現在のSEO対策においてやけに重要視されているが、オラの体感上そこまで効果はないと思う。

たしかにまあトラフィックを流せばページが評価されるスピードが速くなるし、実際多少は内部リンクで順位が改善されることはあると思うし実際オラもそういった事例は何度か体験している。

でもそれぐらいだ。そもそもワードプレスを使っていれば関連記事が出てくるから最低限の内部リンクはもらってるしな。

ぶっちゃけ内部リンクよりも外部リンクのほうが1億倍効くし、正直内部リンクより発リンク、YouTube動画埋め込みの方が効く。だからオラは記事の中に似たような部分や過去に言及したことがある箇所には内部リンクをするようにはしてるけどそこまで過剰に重要視してない。

あと、無関係な記事同士を内部リンクでつないでも全くの無意味だから、上げたいページをほかのページで宣伝しまくっても無駄なことが多いぞ。

まとめ

 

オラが意識してるSEOの内部対策はこれぐらいだ。あとは記事の装飾ぐらいかな。赤字と黄色マーカーと太字しか使ってねえけど。まあ、SEO目的で過剰に内部対策するのではなく、どうやったらユーザーが読みやすいのかを意識する方が大事だと思う。

ただし、ある程度Google目線で対策する必要はある。結局Googleに評価してもらえないと上位表示できないんだから、100%ユーザー目線でもダメなのがSEOの難しい所だと思うぞ!

コメント