スキャットマンPROの被リンクはSEO効果がある?上位表示できてペナルティを受けない?

副業・アフィリエイト

更新日

オッス!今回は被リンクツールスキャットマンPROについて説明すっぞ!

スポンサーリンク

スキャットマンPROの特徴

 

スキャットマンPROとは、共用のサテライトサイトからおめえのサイトに被リンクを入れることができるツールだ。
使えるサテライトの数はランクによって決まっており、最大で400個のサテライトを使うことができっぞ。

これらのサテライトは無料ブログと独自ドメインのワードプレスが半々ぐらいの割合で存在している。
管理画面から記事を投稿すると、ランダムでどれかのサイトからリンクが送られっぞ。

サテライトは自分で作るとお金がかかるし管理も大変だから、スキャットマンはブラックハットSEOをやるのなら作業効率がかなり高くなると思うぞ。

スキャットマンの効果は?

 

結論から書くと、スキャットマンの効果はある。オラはもう半年ぐらいスキャットマンを使っているけど、リンクを入れたサイトの順位が上昇したのを確認しているぞ。
ただ、スキャットマンは無料ブログが多いため、被リンクを入れ続けた方がいいかもしれない。

無料ブログは被リンクの効果が出るのが速いけど、すぐに効果がなくなってしまうという特性があるからな。

だから、まとめて一気にリンクを入れるよりもこまめにリンクを入れた方が効果的かもしれねえぞ。

そこまで高い効果はない

 

ただし、スキャットマンの被リンクはそこまで高いものではない。さっきも書いたけどスキャットマンから送るリンクは半分以上無料ブログだ。
だから、新着商標やスモールキーワード以下の競合が少ないキーワードならスキャットマンだけでも大丈夫だけど、ライバルが多いキーワードを狙う場合はスキャットマンだけでは厳しいと思うぞ。

サテライトの品質も低い

 

あと、スキャットマンを使ってるユーザーは全員ペラサイト量産のアフィリエイターだ。だから、共用サテライトに投稿されている記事は全部ツールで生成された記事だ。
つまり、スキャットマンのサテライトの品質はかなり低いということができる。

そのため、このサイトのように全部手作業で真面目に作られたサイトにリンクを送るのは避けた方がいいと思うぞ。

ただ、アフィリエイト初心者の場合は自分で何十個もサテライトを用意できないから、サイト量産をやるのなら買ったほうがいいとは思うけどな。

スキャットマンはペナルティを受けない?

 

スキャットマンのような共用サテライトからリンクを入れても、多くの場合はペナルティを受けない。
そもそも、ペナルティの原因のほとんどは「低品質なコンテンツ」だ。詳しくは書かないけど、被リンクをガンガン入れててもコンテンツがしっかりしているとペナルティはほぼ受けない。

だから、被リンクが原因でペナルティを受けることはよっぽど悪いことをしない限り起こりにくいぞ。

 

オラも昔はブラックハットをやってて中古ドメインで数百個のサイトを作ったことがあるけど、被リンクが原因でペナを受けたことは一度もなかった。

ましてや、スキャットマンは他人が所有するドメインからリンクを入れているから、完全な自演リンクでもない。
そもそもスキャットマンのサテライトの半分は無料ブログだしな。無料ブログからリンクを入れてペナルティになるのなら、オラはマイベストに毎日リンクを送ってっぞw
そのため、スキャットマンが原因でペナルティを受ける可能性は限りなく低いぞ。

スキャットマンのデメリット

 

スキャットマンはとても便利なツールだけど、デメリットがいくつかあるぞ。

投稿数制限がある。

 

スキャットマンには投稿数制限がある。ランクと共に投稿制限はゆるくなっていき、最終的に無制限に投稿できるようになる。
でも、最初は一日10記事しか投稿できないし、300記事投稿したオラでさえやっと「ブロンズランク」だ。
ブロンズランクだと一日60記事まで投稿できるんだけど、正直ペラサイトに10個~20個程度リンクを入れるとすぐに制限がかかってしまう。

まあ、格安料金でサテライトを使わせてもらってるんだから文句はいえないんだけどな。

リンク記事とリンクなしの記事を交互に投稿しなければならない

あと、グーグルにインデックス削除されるのを防ぐために、スキャットマンはリンクなしの記事とリンクアリの記事を交互に投稿する必要がある。

つまり、10本リンクを送りたかったら20記事投稿する必要があるってことだ。

ツール記事に制限がある

 

あと、スキャットマンはツールで書いた記事を投稿すると削除される。ツールといってもPSWなどのちゃんと日本語になってるツールは制限されない。
でもCワードのようなでたらめな文章を書くと強制退会されっぞ。

アダルトは使えない

 

スキャットマンにはアダルト用語が書かれていると投稿できない。「セクシー」とか微妙な単語でも検知されるからちょっと面倒だぞ。

スキャットマンの料金

 

スキャットマンの料金は月額3480円だ。正直、ワードプレス+無料ブログのサテライトが数十サイト(最大400サイト)使える権利を3480円で買えるのならめちゃくちゃ安いと思う。
もちろん、ホワイトハットをやってる人には無用のツールだけど、商標キーワードなどのサイトを量産してる人にはおすすめのツールだと言えるぞ。

まとめ

 

スキャットマンは良心的な値段で共用サテライトから被リンクを入れることができる神ツールだ。
サイト量産するなら是非使ってみてくれよな!

スキャットマン PRO
■■

コメント