GRCの賢い使い方【アフィリエイトサイトの順位計測はこれが最強】

副業・アフィリエイト

更新日

オッス!今回は最強の順位計測ツールGRCについて解説すっぞ!

スポンサーリンク

GRCは唯一の多サイト用順位計測ツール

GRCはGoogle・yahoo・Bingの順位を計測してくれるツールだ。
結論から言うと、一度にたくさんのサイトの順位をスムーズに計測してくれるツールはGRCだけしかない。

他のツールと比較するとGRCの性能とコストパフォーマンスはけた違いだ。

たとえば、ahrefsなどのツールでもサイトの順位は計測できるけど、どれも数サイトまでしか登録できない。

一方GRCはスタンダードプランでも50URL~無限(アルティメットプラン)のサイトの順位を一度に計測できる。

安定して複数サイトの順位を計測できるツールは、実はGRCのほかに一つもないんだ。
オラも昔、GRCのように複数のサイト順位をチェックできるツールを探し回ったことがある。でも、それらのツールは動作が不安定だったり、料金が高かったりどれもGRCと比較したら大したことはなかった。

だから、サイト量産アフィリエイトをやる際にはGRCは絶対に必要だぞ!

https://seopro.jp/grc/

意外に高性能

GRCは意外に高性能だ。実はインストール型の順位計測するツールは、2020年現在はGRC以外ほとんど使い物にならなくなってる。
数年前は無事に動いた無料ツールでもほとんどは稼働していないぐらいだからな。

でも、GRCは順位が計測できなくなるとすぐにアップデートしてくれっぞ。更新ボタンを押すだけでエラーが起きてもなんとかなることが多いぞ。

GRCの基本的な使い方

GRCはサイトのURLと計測するキーワードを入力するだけで順位を計測できる。
直接手入力してもいいし、CSVでまとめて登録することもできっぞ。

あとは毎日1回、こんな感じで定期的に順位を計測してくれっぞ。

GRCの具体的な活用法

GRCの使い方はこれだけなんだけど、もっと有効に活用する方法を紹介すっぞ。
ペラサイトの場合GRCで順位を把握して、その都度有効なSEO対策をする必要がある。
そのため、GRCはサイト量産アフィリの生命線ともいえっぞ。

1サイトにつき複数のキーワードを登録する

GRCには1サイトにつき1つのキーワードしか登録しないのではなく、複数のキーワードを登録したほうがいい。
オラの場合は

サイトタイトル(ページタイトル)
メインキーワード(1語)
ミドルキーワード(2語)
スモールキーワード(3語)

このように最低でも4語は登録している。

具体例としてはこんな感じだ。

ペラサイトの場合、2語で順位がついていないけど3語なら1位だったとかは良くある話だからな。
とくに中古ドメイン+自演リンクのアフィリエイトスタイルを行っているとアナリティクスやサーチコンソールに登録できない。

まっとうにサイトを運営するよりはるかに情報量が少ない状態で戦わないといけねえんだ。
だから、なるべく3語~4語のキーワードを登録して、つねに順位をチェックするとより効果的だぞ!どうしても2語が無理そうなら、3語向けにタイトルとかを作り変えるのもアリだしな。

2語で反応がなくても3語で30位ぐらいにきたらコンテンツを追加したり、被リンクを入れたりテコ入れすれば2語でも上がる可能性はあるからな。

あとは、オラは必ずサイトタイトルも登録するようにしている。いい中古ドメインはサイトタイトルで検索するとすぐに上位表示する。
普通のドメインでも最低でも1か月~数か月ぐらいすると、少なくともタイトルで検索したら1位に来るはずだ。

もしサイトタイトルで検索しても順位がつかない場合、そのサイトはハズレ中古ドメインである可能性が高い。
いつまでたってもタイトル検索で圏外ならペナルティとかの可能性もあるから、見切りをつけて放置したほうがいいぞ。

アルゴリズム変動のチェック

GRCはGoogle検索アルゴリズム変動のチェックにも使用できる。ビックキーワードで上位表示しているサイトを登録して順位を監視すると、SEOの傾向がつかめてくるぞ。
とくに変動が起きた時は上位表示しているサイトが総入れ替えするときもある。オラの場合

お金 借りる
全身脱毛
転職
ダイエット

などのビッグキーワードで上位しているサイトをGRCに登録してあるぞ。

たとえば、アップデートの時に転職はほとんど動かず、脱毛はめちゃくちゃ動いてキャッシングはそこそこ動くとかある程度の傾向がつかめてくるぞ。

ほかにもアフィリサイトの割合とか、全体的なSEOの分析をするときに役立ってっぞ。

GRCの料金

GRCの料金は

プラン名 サイト登録数 キーワード登録数 料金(年額)
ベーシック 5 500 4860円
スタンダード 50 5000 9720円
エキスパート 500 50000 14580円
プロ 5000 500000 19440円
アルティメット 無限 無限 24300円

 

となっている。
このサイトのような大型サイトしか持っていないのならベーシックで十分だ。

でも、月に数個程度のサイトを作るのならスタンダードにした方がいいと思う。(オラもスタンダードにしてっぞ)

10個~30個サイトを量産するのならエキスパートにした方がいいな。
月に100個以上作るのならプロ~アルティメットをおすすめすっぞ。月額じゃなくて年額だから、アルティメットでも月2000円だからめちゃくちゃ安いぞ。

余談だけど昔はアルティメットでも年額1万円未満だったんだけどな。Googleが順位を計測しづらくしだしたからこのように値上げせざるを得なくなったってわけだな。

値段はGRCが圧倒的に安い

 

ちなみに他の順位チェックツールはGRCより圧倒的に値段が高い。100キーワードで月額数千円程度のツールが多いから、GRCならそのお金でアルティメットプランに加入できっぞ。

たとえばahrefsなんか5サイトしか順位チェックできないし、500キーワードまでしか登録できないからな(月額10000円)。

まあ、ほかのツールは順位チェック以外にもいろいろ機能がついてるんだけど、サイト量産アフィリならGRCがいちばんコスパが高いと思うぞ。

GRCのデメリット

GRCのデメリットを説明すっぞ!

パソコンを移動できない

GRCはクラウド型のツールではなくインストール型のツールだ。そのためパソコンの中から動かすことができない。
閲覧ライセンスを購入すればほかのパソコンからも見れるけどそこまでする必要はあるか?って感じだな。

順位がパソコンのIPや位置情報に依存する

GRCの順位はおめえのパソコンのIPや位置情報に依存する。Googleの順位はIPや位置によって順位が大きく異なることが多い。あとスマホとPCなどデバイスによってもかなり差がある。

そのため、GRCの順位は結構誤差があるぞ。まあ、GRCがインストールされているパソコンの順位結果を測定しているだけだから間違いではないんだけどな。

一方、ahrefsなどのクラウド型のツールはIPに依存しないし、地域毎・デバイスごとに順位もチェックできるからデータの精度は高いぞ。

GRCはこんな人におすすめできない

GRCはサイトを複数持っていない人には必要ない。このブログのようにちゃんとしたコンテンツを書いてまともに運営しているサイトはわざわざGRCを買う必要は全くねえぞ。
そういったサイトは、サーチコンソールやアナリティクスを見ればサイトの管理はできるからな。

もしそういったブログ型のサイトの順位が知りたいのなら、ahrefsとかのプロジェクト機能を利用して順位計測したほうがいいと思うぞ。
そっちのほうが順位が安定しているし、パソコンの電源を切っても稼働し続けてくれるからな。

ahrefsが高いのならウーバーサジェストがおすすめだぞ。5サイトまで登録できるし100キーワードまで順位を計測してくれっぞ!

ウーバーサジェスト(ubersuggest)の有料プランが神すぎる件【ahrefsが高いと感じる人必見】
ウーバーサジェスト(ubersuggest)は月額たったの1000円で被リンクチェックとキーワード調査ができる優れたツールです。ahrefsなどのツールが高くて買えない人はぜひ購入してみてください。

まとめ

サイトを量産するアフィリエイトをやりたいのなら、GRCは絶対に買いだ。
GRC以外にたくさんのサイトの順位をまとめてチェックし、管理するツールはないからな。

ブラックハットSEOで稼いでるアフィリエイターはみんなGRCを使ってるから、もし買ってない人は絶対に購入してくれよな!

https://seopro.jp/grc/

 

コメント