アドセンスの審査に合格する方法

副業・アフィリエイト

更新日

オッス!今回はアドセンスの審査に合格する方法を説明すっぞ!

スポンサーリンク

アドセンスの審査は真面目にブログを書き続けていれば絶対に合格できる

結論から言うと、アドセンスの審査はまじめにブログを更新してさえいれば絶対に合格できる
だいたいサイト運営2~3か月、記事数20~30記事もあれば合格できる可能性は高い。

ただ、アドセンスの審査は時期によって結果までに時間がかかることがある。
また、審査に落ちる理由もよくわからないし説明を求めても何も教えてくれないからかなり不親切だぞ。

オラもアドセンスの審査に実は一度落ちている。でも、しばらくしてから再度申し込んだらすぐに合格できたぞ。
この辺は運の要素もあるから、真面目にブログを書きつづけていれば過剰に心配することはない。

一つだけいえるのは、真面目にブログを更新している人で永久にアドセンスの審査に通らなかった人はオラが知る限り一人もいねえってことだ。

間違ってもアドセンス審査代行とかいう変なサービスに申し込まないでくれよな!

アドセンスの審査に合格する基準

アドセンスの審査に合格する基準は実はまちまちだ。噂によると時期によって基準を緩くしたり厳しくしたりしているらしい。
でも、一つだけ言えるのは、1000文字以上の文字数で、20~30記事以上自分の言葉で書いてある記事のブログならそこまで心配する必要はねえぞ。

たしかオラの友達は20記事ぐらいブログ記事を書いた段階でアドセンスの審査に出して合格している。
アクセスはほとんどなかったはずだ。

でも、オラの場合は30記事ぐらい書いてアクセスもちらほらあったのにも関わらず審査に落ちてしまったぞ。
まあ、しばらくしてもう一回提出したら無事合格したけどな。

このように、時期とタイミングによってアドセンスの審査に合格しやすい時としにくい時があっぞ。

アクセス数は関係あるのか?

アクセス数とアドセンス審査の関係性はあると言われているけど確かなことはわからなねえ。
ただ、一つだけ言えるのはGoogleアドセンスの審査は実際のページ数ではなく、Googleにインデックスされた記事の数で行われているっぽいんだ。

だから、ブログを開設してすぐの段階ではまだサイトがGoogleに認識されていないため、審査に落ちる可能性が高いってことだな。
ちなみにオラはブログ開始後2か月ぐらいでアドセンスの審査に提出したけどダメだった。
一方、オラの友達もたしかそれぐらいに審査に出したけど一発で合格しているぞ。

ネットの情報によると開設後1週間ぐらいで審査に合格したブログもあるみてえだし、この辺の基準は謎に包まれているぞ。

アドセンスの審査に合格しやすくする方法

でも、巷の噂ではアドセンスの審査に合格しやすくなる裏技があるみてえだ。そんなアドセンスの審査に受かりやすい裏技を紹介すっぞ。

もし審査に落ちた場合はこれらの項目を満たしているか確かめてみてくれよな。

発リンクや内部リンクを増やす

他のサイトへの発リンクを増やすとアドセンスの審査に合格しやすくなるようだ。これは、どこかの本で発リンクがないサイトは審査に受かりづらいと元Googleの中の人が発言していたらしい

実際、オラの友達はちゃんとオラが教えたように発リンクを多用していたと思う。

でも、オラも発リンクはしてたから、この辺の差は本当にGoogleのさじ加減だと思うぞ。

ただ、オラの場合審査の前後で内部リンクは増やしていたから、やっぱり適切に発リンクとか内部リンクが使われているかは見られているんじゃないかと思うぞ。

お問い合わせフォームなどがあるか

お問い合わせフォームとプライバシーポリシー・プロフィールページはアドセンスに必須だと決められているぞ。オラはワードプレスでブログを解説したら必ずこれらのページは開設するようにしている。

もちろん、これらのページを作れば必ずアドセンスに合格できるという訳じゃない。コピペでもいいからそういったページを作ってみてくれよな。

禁止ワードを入れない

アドセンスの審査に落ちてしまうようなら、禁止ワードが文章に含まれていないか確かめるのは必須だ。

Googleが定めるコンテンツポリシーに引っかかるようなワードを使っていると審査に合格できないぞ。
具体的にはエロ系や殺すなどの暴力・性的なワードだな。露骨な表現は一発アウトだけど、特にGoogleはアダルト系のワードが厳しい。よくまとめサイトでA●女優とか風●嬢とか伏字になってるのはアドセンス対策なんだ。

じっさい、かつて生き物のサイトで「交尾」というキーワードが引っ掛かってしまいアドセンスが止まってしまった人もいるぞ。

特にアダルト系は厳しめだから、気を付けて確認してみてくれよな。

Googleコンテンツ ポリシー

文字装飾・アイキャッチなど

あとは文字装飾やアイキャッチなどを入れて、サイトをより見やすくしてちゃんと運営しているように見せる。
文字を書いただけとか、デフォルトのままのワードプレスとかはいい加減に作られたようなサイトみたいな感じがするから良くないと思うぞ。

ちゃんとしたコンテンツを書く

あと、オラたちにとっては常識的なことだけど、ちゃんとネット検索ユーザーのニーズに合ったコンテンツを書く必要がある。
たとえば、日記調の文をちょろっと書いているだけではアドセンスには合格できないと思う。

ちゃんとしたコンテンツとは、Google検索でおめえのサイトに訪れたユーザーの疑問を解決してあげられるコンテンツだ。

検索キーワードをタイトルに入れ、その答えをわかりやすく且つ詳しく記事に書かないといけない。
あと、文字数も少なすぎてはダメだし、見出しを入れてユーザーに分かりやすい文章を心掛けるぞ。

まあ、全体的にオラのこの記事をまねてもらったらいいと思うぞ。

まとめ

アドセンスの審査はまっとうにブログを運営していればほぼ確実に合格できる。
ただ、タイミングによって審査に合格しやすい時期としにくい時期があるだけだと思うぞ。

だから、審査に落ちてもあきらめずにブログの記事を増やしていけばいつかは必ず合格できる。(よっぽど変なことをしていない限り)
まあ、一番効果的なのはほかのアドセンスが貼ってあるサイトを参考にして、それと同じかそれ以上のサイトを作ればいいだけなんだけどな。

難しく考えずにコツコツと頑張ってくれよな!

コメント