大学職員は仕事が楽で超ホワイト!地上の楽園ってここのことかぁ?

大学職員

更新日

今回は、究極のホワイト高収入な仕事、大学職員について説明します。
ちなみに私の友達は大学職員が4人いるし、私が就活生のころも私大職員を目指してたからメチャクチャ詳しいです。

スポンサーリンク

私立大学職員は究極のホワイト

大学職員はホワイト高収入、これはれっきとした事実です。

でも条件があってホワイト高収入なのは私大で医学部がない大学に限られます。

国立大は公務員だから給料安いし、医大は教授の権力が強いから一般職員が出世できないですし、医学部があるとコストがかかるから年収が100万円ぐらい低くなります。

でも、一般的な私大の職員は教授と立場が対等で、最終的に大学の経営にまで携わることができます。

早稲田の場合、大学職員が教授に「さん」付けで呼んでいるほどです。(教授たちからはかなり不満でしたが)

大学職員は、労働時間の割に高収入だが休日は?

大学職員は40歳で900万から1000万円程度の高収入が約束されています。

残業も少ないというか、仕事自体やることがあまりないです。民間から私大職員になった私の友達は、月曜日から水曜日までに一週間の仕事が全部終わってたらしいです。つまり、仕事しているのは一週間のうち3日だけだったということです。

けっきょく彼は刺激のない毎日に飽きて転職してしまいましたが、仕事が楽なことだけはれっきとした事実です。

たまに休日出勤がある

 

ただ、学校行事の都合でたまに休日出勤があるのが大学職員のデメリットです。入試のシーズンやスポーツのイベント(駅伝の応援とか)文化祭などはふつうに休日出勤があいます。

ただし、休日出勤したら代休が取れます。代休と長期連休を合わせて10連休などを取ることも可能です。

夏休みはある?

 

あと、大学職員には夏休みがあるみたいな書き込みをたまに見ますが、今はそんなものはないです。

夏休みは土曜日出勤の代わりにまとめて休みを取ってただけです。

今は殆どの大学が土日休みなので、夏休みや冬休みなどの長期休暇は大学職員にはないです。
とはいえ10連休ぐらいは普通にあるようなので、一般企業と比較した場合は段違いでホワイトな待遇といえるでしょう。

中堅~無名私大の大学職員が狙い目

ただ、同じ業界でもブラック企業とホワイト企業があるように、大学同士で職員の待遇差があります。

特にあなたに覚えておいて欲しいのは、マンモス大学(学生数が多い大学)の職員はそれなりに忙しいってことです。

特に早稲田、明治、法政、同志社、などの有名大学は普通の会社並みに忙しいことで有名です。

こういう有名大学は組織運営のため、一般企業並みに仕事しています。

早稲田の職員やってる先輩に聞いてみたことありますが、普通に残業とかもあると言っていました。

有名私大でも民間企業よりはずっと楽

 

ただし、大学職員は残業代も出ますし、給料も非常に高い(平均年収1000万以上)ですし、何より同じ年収レンジの民間企業よりもずっと楽なのですが笑

なので、楽したいなら比較的無名な私大(都市部に限る)に転職することをお勧めします。

定員割れしてる大学や地方の零細私大とか、オワコンでなければ組織も小さいから仕事も楽ですし、給料もそこまで安いわけではありません。

無名の私大であっても、都市部の定員割れしていない学校であれば40歳で最低800万ぐらいはもらえます。

楽な大学職員にすぐ転職する方法

大学職員に転職する方法は一般の企業と何ら変わらなないです。つまり、転職サイト経由で応募するのが王道です。

転職サイトに登録して、希望する職種に「大学職員・団体職員」などを希望しておけば、上記のような新着求人やスカウトメールが送られてきます。

大学職員の求人は数そのものが少ないですし、定員も1名~2名しか採用しないことが多いです。そのため、こまめに転職サイトの新着メールをチェックして、片っ端から応募することが重要です。

おすすめの転職サイト

大学職員の転職を目指すためには、リクナビネクストに登録するのが一番です。

リクナビネクストは求人数が一番多く、大学職員の募集も沢山あります

リクナビネクストに登録すれば、大学職員の新着求人をメールで受け取ることができます。

このように、有名大学の求人もしょっちゅう届くので、是非登録しておきましょう。

↓↓↓リクナビネクストに登録して、今すぐ大学職員のオファーを受け取る↓↓↓

https://next.rikunabi.com/

【30秒で登録完了】今すぐ登録する

転職エージェントを利用する

転職サイトの他にも、転職エージェントを使って大学職員を目指すという方法もあります。

転職エージェントなら、担当のコンサルタントに大学職員になりたいとお願いするだけでOKです。

また、転職サイトと違って

面接日程などのスケジュール管理
履歴書などの書類の提出代行
面接・筆記対策

などのサポートを無料で受けることができます。

このため、忙しくて転職に時間が取れない場合や、初めての転職でいろいろ不安な場合は利用することをおすすめします。

また、水面下でエージェントが交渉してくれるので内定率も高くなりますし、年収アップ交渉などもサポート可能です。

大学職員におすすめのエージェント

大学職員を目指すうえでおすすめのエージェントは、リクルートエージェントです。

リクルートエージェントは20万件以上という圧倒的な求人数を保有しているため、大学職員の案件も多数保持しているからです。

ちなみに私の友達で大学職員に転職した奴は、リクルートエージェントを使ったそうです。

大学職員の募集が始まったらすぐに連絡をくれ

とエージェントにお願いしたら、一か月ぐらいで

キャリアコンサルタント
キャリアコンサルタント
〇〇大学の募集が始まったんですけど受けてみませんか?

って連絡が来て、選考を受けたら楽々内定が出たみたいです。

本気で大学職員を目指すなら、リクルートエージェントは絶対に登録すべきですし、私の友達のように最初は相談するだけでも構いません。

たった30秒で登録完了しますので、是非登録してみてください。

↓↓↓リクルートエージェントに登録して、大学職員の求人を紹介してもらう↓↓↓

https://www.r-agent.com/

今すぐ面談に申し込む

複数の転職サイトを掛け持ちしよう

ただ、大学職員は求人数も少ないし、倍率も高いから運が良くないとすぐに決まることは少ないです。

なので、複数の転職サイトに登録して、大学職員の求人が出たらすぐに応募するという戦法で転職に成功した友達もいます。

もしあなたに余裕があるのなら、マイナビエージェントとか、ほかのサイトに登録したほうがいいでしょう。

大学職員は求人数が少ないし、人気の職種だからすぐに募集が終了してしまいます。常にアンテナを張り続けて、求人が出たらすぐに応募できる体制を整えておくことが重要です。

https://mynavi-agent.jp/

公式サイトはこちら

まとめ

たしかに大学職員はホワイト高収入です。

だけどどこも楽なのではなく、毎日定時で帰れて水曜日に一週間の仕事が全部終わるような職場は中堅以下の私大(定員割れしていない大学)だけです。

ただ、有名大学の場合は年収がケタ違いですし、普通の企業よりはずっと楽なのでやはり大学職員は全体的にホワイトだといえるでしょう。

最後に

 

大学職員の転職を目指すのなら、転職サイトかエージェントに絶対に登録すべきです。

転職サイトは大学職員の案件が多いリクナビネクストが一番おすすめです。

エージェントの場合、私の友達も使ってたリクルートエージェントがおすすめです。

まず最初は相談だけでもOKです。とりあえず、大学職員の転職に興味があるこの「今」登録しておかないと絶対に後で後悔します。

なぜなら、人間はいったん行動を先延ばしにすると、再びやる気になる前に忘れてしまうからです。大学職員はこの世の中で最も楽でホワイトな仕事の一つです。

40歳前後で1000万円前後の給料
毎日基本定時退社
長期休暇が取りやすい
一般企業より仕事のハードルが低い

大学職員への転職は、あなたの人生を素晴らしいものに変える最後のチャンスだといってもいいでしょう。

是非リクルートエージェントで優良な大学職員の求人をたくさん紹介してもらってください。

↓↓↓今すぐリクルートエージェントの面談に申し込む↓↓↓

https://www.r-agent.com/

【30秒で完了】今すぐ面談に申し込む

大学職員
スポンサーリンク
シェアする
転職サイヤマン|空白期間ありのニートやフリーターでも高収入ホワイト企業に就職する方法

コメント