リクナビネクストに登録してみた!手順と注意点を本音で解説!

転職エージェント・転職サイト

更新日

 

オッス!今回はリクナビネクストに1から登録して手順を解説して、注意点とかを書いてくぞ!

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

ブログのネタがつきかけて、リクナビネクストのレビュー記事を書こうとした、ぐぉくうだったのだが、リクルートIDのパスワードを忘れてしまい、ログインできなくなってしまった。

そこで、一からリクナビネクストに登録しなおして、そこから体験談形式で良いところや悪いところを紹介する記事を作ることにしたのだった・・・

まずはリクルートIDを登録

リクナビネクストに登録するには、
リクルートIDを作る必要がある。

ちなみにリクルートIDを作ると、リクナビネクストだけじゃなくて、リクルートのサービス全部が使えるようになる。
だから、

とらばーゆ
はたらいく
SUUMO
ゼクシィ
カーセンサー

など、リクルートが運営しているウェブサイトが一括でログインできるから便利だぞ
(ていうかこいつらなんでもやってやがんだな!まるでウェブ業界のフリーザ一味だな!笑)

ただし、リクルートIDを持っていても、リクナビネクストに登録するには個別に個人情報を入力しなきゃいけねえから、登録作業が全く発生しないわけじゃねえぞ!

メールアドレスを入れると、本登録用のメールが届き、
いよいよ個人情報を入力してリクルートIDを作ってゆく。

個人情報を入力

 

 

リクルートIDを作り終わったら、今度はリクナビネクスト用の個人情報を登録する。

 

年齢
住所

などを埋めてくぞ!

次にようやく職歴や学歴、資格などの経歴を記入する。

この時一番ネックになるのが職務経歴書の登録だ!あらかじめ用意してないと手間取っちまうから、最初は適当に埋めておいて後で書き直すのもありだ!でも、応募するときに必要になってくるから、絶対にちゃんと書いておいたほうがいいぞ。

職務経歴書の書き方はこちらを読んでくれよな!

職務経歴書の正しい書き方【通過率90%の実物を大公開】
職務経歴書の正しい書き方を紹介します。長い文章を書けと指導されますが、実際は短くても問題ありません。私が実際に転職活動で使用し、通過率が90%以上だった職務経歴書の実物画像をお見せします。

リクナビNEXTに登録しても会社にバレない

ちなみに、社名を公開しないにチェックを入れておけば、
企業側におめえが勤務している会社の名前が非公開になる。

だから、転職活動してることがリクナビネクスト経由で会社にバレる危険がないから安心だな!

ちなみにこの機能はレジュメ(職務経歴書)にも使える。
レジュメの非公開設定を使えば現在勤務中の会社に対して公開されないぞ!

ちなみに現在勤務中の会社だけじゃなくて、前々職の会社や、全く関係ない会社(選考を受けて落ちてしまった企業など)も登録できっぞ!

リクルートエージェントの登録に注意

個人情報と職歴の登録が終わったら、リクルートエージェントに登録するかどうかを選択できる。

エージェントに登録すると、リクナビネクストには載ってねえ非公開求人にも応募できるし、スケジュール管理や企業への書類提出なども代わりにやってくれるから便利だ。

でも、ここでリクルートエージェントに登録すると、いきなりおめえの携帯にエージェントから電話がかかってくる。さらに、その場で面談の日時とかを決めさせられる。

だから、エージェントに登録する場合は、今すぐに転職してキャリアコンサルタントと面談したい時だけにしたほうがいい。

ちなみにオラも今すぐ転職する予定はねえから、エージェントには登録してねえぞ。

リクルートエージェントに興味があるのなら、この記事を読んでみてくれよな!

リクルートエージェントを使ってみた感想を紹介すっぞ!
私は最初の転職でリクルートエージェントを使用しました。その時の感想を紹介します。

気になる求人を入力

次に、気になる求人を入力する。
これは、二つの求人からおめえの好きな方を選択させることで、AIにおめえの好みを学習させてるんだ。

オラもやってみたけど、保険の営業とか住宅の訪問販売とか、全く希望してない職種が出てきてびっくりした。

でも、この求人に応募させるんじゃなくて、あくまでもおめえの好みを特定するための判断材料だから、AとBどっちがいいのかを決めるだけでいいぞ。

気になる求人を入力し終えたら登録完了だ!

まとめ

 

リクナビNEXTの登録は結構簡単だ。職務経歴書さえ準備していればすぐに終わるぞ。
注意点としては安直にリクルートエージェントに登録するのだけは止めたほうがいいな。
登録した瞬間に電話がかかってきて面談の予約をさせられるから、今すぐ転職したい人以外は止めたほうがいいぞ!

リクナビNEXTに登録しても会社にはバレねえから、是非使ってみてくれよな!

>>>リクナビネクストに登録する

コメント