ニートの就職で有利なおすすめ資格は乙四、教員免許と意外なアレだった!

ニート・フリーター

更新日

オッス!今回はニートやフリーターの就職で有利になる資格について説明すっぞ

スポンサーリンク

ニートの就職が有利になる資格とは?

まず最初に言っておくが、ニートやフリーターの就職において
重要なのは資格よりも離職期間の長さや年齢(若さ)だ。

資格なんか取ってる暇があったら一刻も早く就職したほうがいい。

今は人手不足だから簡単に就職できるけど、いつまた就職氷河期が来るか分からない。
だから、ニートやフリーターは就職市場が活発になってる今のうちに就職するのがいいぞ!

>>>ニートにおすすめの就職支援サービスはこちら

とはいえ、何も資格を持ってないニートよりは持ってた方が多少有利に働くこともある。
そこで、この記事ではニートの就職に有利な資格を紹介すっぞ!

高齢ニートほど資格が必要

20代のニートに関しては資格よりもすぐに就職支援サービスとかをつかって就職したほうがいい。

だけっども、35歳以上のニートの場合は就職活動をかなり苦労することが多い。
まあ、今は景気がいいから、工場とか現場系の仕事ならそれでもなれるんだけど、
どうしてもデスクワークの仕事がいいとか、楽な仕事がしたいとか考えてるわがまま高齢ニートは
絶対に資格が必要だ。

さらに、高齢ニートの就職で有利になる資格は、簿記とかITパスポートとかの誰でも取れる資格じゃダメだ。
なぜなら、こういう資格が必要な仕事(ITエンジニアとか事務とか)は資格より経験を重視するからだ。

だから、高齢ニートが楽な仕事に就くためには、いっぺえ勉強して、高度な資格を取得しねえとちょっと厳しいかもしれねえぞ!

ニートにおすすめの資格①教員免許

教員免許を持っていれば全国の公立学校で教師になることができる。
さらに、最近では教師になるための年齢制限が緩くなっている自治体も多く、40代でもOKの地方もある。
ただ、正式な教師になるためには教員免許を取得してから採用試験を受ける必要がある。
正直30代~40代の高齢ニートだとちょっと厳しいかもしれねえ(親の介護してましたとか言い訳すればいいけど)
あと、前も書いてるけど教師は労働時間も長く、ストレスも多いブラックな職業だ。

大卒以上の高齢ニートが人生をやり直すにはうってつけだと思うけど、ストレス耐性がない奴にはおすすめできねえぞ。

ニートにおすすめの資格②公務員試験

公務員も試験にさえ合格できればだれでもなることができる。教師と同じで自治体によっては年齢制限がない地域も多いから
高齢ニートでもでえじょうぶだ!
しかし、これも前書いたけど

コメント