ニートがホワイト企業に簡単に就職する方法

ニート・フリーター

更新日

 

オッス!今回は、ニートがホワイト企業に簡単に就職する方法を紹介すっぞ!

スポンサーリンク

ニートがホワイト企業に入るためには、就職支援サービスに登録するのが一番!

ニートがホワイト企業に就職するためには、就職支援サービスに登録するのが一番だ!
就職支援サービスは、ニートやフリーターなどの社会人経験が浅い人向けの求人サイトだ。

これらの支援サービスに登録してる企業は、ニートやフリーターに対して理解がある会社ばかりだ。
だから、社会人の経験が全くないおめえに無理難題を押し付けたり、叱り飛ばしたりすることもないから、
これらの企業に就職できれば安心して働くことができっぞ!

つまり、普通にハロワとかで会社を探すより、ホワイト企業に当たる可能性がはるかに高いってことだな!

あと、就職支援サービスを使えば、通常のルートよりもかなり楽に内定を獲得できる。
経験豊富なコンサルタントと面談することで、ニートのおめえでもできそうな仕事を一緒に探すことができる。
さらに、職務経歴書や履歴書、適性試験なども免除されるのが支援サービスの特徴だ。

コンサルタントと一緒に応募する企業を決めた後、直接面接を受けることができるから、対策が非常に楽だ。
なんでも長続きしねえニートのおめえでも、ちょいちょいっとホワイト企業に就職できるから是非申し込んでみてくれよな!

ハロワや転職サイトでは、ニートがホワイト企業に入るのは難しい

就職支援サービス以外の方法だと、ニートがホワイト企業に入るのは非常に難しい。
まず、ニートの就職といえばハローワークを思い浮かべるやつがほとんどだけど、あそこほど危険な場所はねえ。
ハローワークはどんな企業でも無料で求人が出せるから、なんの知識もないニートには危険すぎるんだ。
もちろんいい会社もあるが、大半は労働基準法を無視した零細ブラック企業だから、まず間違いなく失敗する。

あと、リクナビなどの転職サイトにニートが登録するのもよくない。
なぜなら、これらの転職サイトは在職中のサラリーマンの転職用に作られているからだ。
だから、ニートでも就職できる、未経験歓迎のホワイト企業なんかまず取り扱っていないことが多い。
もちろんそういう企業もあるが、大半は飛び込み営業とかのハードワークな仕事だから、ニートが転職サイトに登録するのはおすすめしねえ。

ニートでもホワイト企業に入れるおすすめの支援サービス

最後に、ニートでもホワイト企業に就職できる支援サービスを紹介すっぞ!
それは就職ショップっちゅう、リクルートが運営する支援サービスだ。

就職ショップは主に20代のニート、引きこもり、フリーターを対象にした求人を扱ってて、
紹介するすべての企業はちゃんとした企業かどうか調査済みだから安心だ!
さらに、企業側にもおめえがどんな人間か説明して、ちゃんと面倒見てもらえるようにお願いしてもらえるから、就職した後も大事に扱ってもらえることが多いぞ!

もちろん、書類審査や試験も全部免除だから、コンサルタントとの面談の後、面接さえ受けて内定をもらえればすぐに働けっぞ!

就職ショップはオラも前に一度だけ面談したことがあるけど、ニートに理解がある企業しか紹介しないから、とても離職率が低いのが自慢だそうだ!
コンビニ以外外出したことがない極度の引きこもりでも辞めずに働いてっからおめえでもでえじょうぶだ!

>>>今すぐクリックして、就職shopに登録する

まとめ

ニートがホワイト企業に入るには、就職ショップに登録するのが一番だ!
自力ではなかなかニートを雇ってくれるホワイト企業を探すのは難しいから、今すぐ登録してくれよな!

関連記事

https://www.tenshoku-ikasama.jp/post-491/


30代のニートは正社員に就職して社会復帰できない?
オッス!今回は30代のニートについて説明すっぞ! 30代のニートでも正社員に社会復帰できる! 結論から言うと、30代のニートでも正社員に就職して社会復帰は可能だ! よく、高齢のニートは人生オワタみたいなマイナス発言を2ちゃ...

ニートは何歳まで許される?いつ就職活動を開始すべき?
オッス!今回はニートは何歳まで許されるのかについて説明すっぞ! ニートは何歳でも許されない 結論から言うと、ニートは何歳でも許されないから、さっさと就職するべきだ。 これは、年齢が高くなると就職に不利になるという理由だけじゃねえ。 ...

https://www.tenshoku-ikasama.jp/post-551/

コメント