ニートの面接対策を完璧攻略!空白期間はどう答えるべき?

ニート・フリーター

更新日

オッス!今回はニートの就職で一番のネックになる面接について、空白期間の答え方とかを完璧に攻略していくぞ!

この記事さえ読めば、どんな引きこもりのニートでもすぐ内定が出てたちまち就職できっぞ!

スポンサーリンク

ニートの面接は第一印象で決まる!

 

まず、ニートの面接は第一印象で決まる。ここでは清潔感と真面目で熱心な若者らしさを元気よくアピールすることが重要だ。

ニートというとだらしない、根性がない、仕事が続かないというイメージを持たれがちだ。
この先入観を払しょくできないと、まともな仕事に就職することは難しい。

特に、面接の時に声が小さかったり、オドオドしていたりすると、

企業
企業
これはこれは、見るからに使えなさそうな人ですねえ・・・こんな虫けらを採用してもどうせすぐに仕事を投げ出して退職してしまうでしょうねえ・・・

と、面接官に悪い印象を与えてしまう。おめえはただでさえニートというハンデを背負ってるというのに、これ以上面接でマイナスの印象を与えるとまず採用されることはないと思ったほうがいいぞ。

だから、面接が始まったら、

ニート
ニート
失礼します!

大きな声で元気よく堂々と入室することが肝心だ!面接が上手くいくかは第一印象がすべてだから、初めに元気よくハキハキとした態度を見せねえと後から逆転するのは難しいぞ!

ニートは清潔感のある身だしなみを気を付けよう

 

つぎに、ニートは生活習慣が乱れていてだらしがないという先入観を持たれがちだ。
だから、髪の毛がボサボサだったり、肩にフケがついてたり、シャツやズボンにシワがあったりすると社会人としてのマナーがなっていない非常識な無職と思われて面接で落とされる。

だから、1000円カットでもいいから面接の前は床屋さんや美容院に行って、髪の毛は短く切ったほうがいいぞ(もちろん履歴書の写真を撮る段階から髪の毛は短くした方がいい)

あとは清潔感を与えるために

スーツはクリーニングをかける
ズボンやシャツはしわが寄らないようアイロンをかける
爪は短く切る
鼻毛やひげが残っていないかチェックする
靴が汚れていないように磨いておく

などのことに気を付けておくと、ニートというマイナスなイメージを面接を通すことで真面目な若者というイメージに変換して、逆転勝利しやすいぞ!

空白期間は面接で絶対に突っ込まれる

最初に言っておくと、なんでおめえが今ニートしてるんか理由を聞かれたり、空白期間に何をしてたんか、なんで無職になったんかは絶対に突っ込まれる。

これはバイトだろうが派遣だろうが正社員だろうが同じで、経験や学歴不問、ブランクOKとか書いてある仕事でも同じだ。不問って書いてあるくせに、絶対に面接で空白期間や離職理由を聞かれるから、こいつら日本語読めないんじゃねえかと思うぞ。

でも、いくら経歴不問とはいえ、聞かれたからにはちゃんと答えたほうがいい。

どんな落ちこぼれのニートにもチャンスを与えるみたいな偽善者ヅラしたこと抜かしてる会社でも、本音では優秀な人材を採用したいと思ってる。

だから、おめえがなぜニートになったのかという理由と、空白期間に何をしていたかちゃんと説明すべきだぞ!

おすすめの模範解答

もちろん、空白期間やニートになった理由は正直に答えるのがベストだ。

でも、仕事が覚えられなくて会社を辞めたとか、うつ病になったとかのマイナスな理由だったら正直に話さないほうがいい。

あと全く職歴がない場合もな。

ここからは、オラがオススメするとっておきのニートの面接攻略法を紹介すっぞ!

資格試験

まず、手っ取り早いニートの理由は資格試験だ。特に、若い20代のニートには国家公務員とかの公務員を目指してたっていうのがおすすめだ。

弁護士や会計士などの士業でもいいけど、デスクワークや会社の偉い人と一緒に働くとばれやすくなる。なぜなら会社を運営するのには法律や会計の知識が必要だからな。

でも、工場などの現場系や、ITの客先派遣エンジニアとかの偉い人と直接働かない仕事なら士業でもOKだ。まあこれらの仕事は人手不足だから、空白期間の理由ををごまかさなくてもでえじょうぶなんだけどな。

親の介護

次にポピュラーなのは親の介護だ。これは一度働いてて仕事を辞めてニートになった場合の理由としておすすめだ。

親の介護は最強のキラーワードだ。
ニートや空白期間の理由を聞かれて、親の介護と答えられたら、それ以上なにも聞くことはできねえ。面接官たちはむしろ申し訳ない気分になっぞ!

親御さん思いの立派な青年だと言われて好感度がアップすること間違いなしだ!

もちろん今親御さんがどうしているか聞かれたら、もう治ったか施設に行ったって答えるんだぞ!

夢をかなえるための努力をしていた

ニート期間は漫画家やミュージシャン、小説家などの夢を追いかけていたことにするという方法もある。

もちろん本当に目指してたわけじゃなくても、そういうことにしてればいい。
ちなみに、何を目指してたかは本当に何でもいい。

もちろん起業家とかが一番受けがいいけど、すぐバレるから嘘をつくことはおすすめしねえ。

でもおめえが好きなことなら別だ。プロゲーマーとかユーチューバーとか、本当に自分が興味があるものなら何とか面接でごまかしとおすことがデキるはずだ。

経営者はZOZOの前澤さんみたいに、夢のある若者を応援したいと思ってる人が多い。ニートになった理由は夢を追いかけてたって言えば少なくとも自堕落なイメージはつかないと思うぞ!

人間関係・職場の不満

パワハラを受けたとか、残業だらけのブラック企業だったとか、人間関係や職場の不満は立派な空白期間の説明になる。

というか、ニートの多くは人間関係とかブラックな職場環境のせいで引きこもることが多いからな。

もしおめえがニートになった本当の理由がこれらの理由だったなら、別に正直に答えてもいい。
ただ、何年もニートしてた場合は別だ。ニートになったきっかけはマトモでも、それだけの理由で何年も空白期間があるのはまずい。

だから、人間関係をキッカケに辞めたけど、そのあと資格の勉強してたとか、小説書いてましたとか言うのがいいぞ!

ニートの面接ではその他の対策はあまり重要ではない

 

もちろん就職の面接では、志望動機や長所とか短所とか、他にもいろいろなことを聞かれる。

だけど、ニートの面接においては空白期間を上手く答えられたらあとの対策はあまり重要じゃねえ。

なぜなら、社会人経験が少ないニートが、志望動機や短所や長所なんか上手く答えられるわけがないからだ。

模範解答を暗記していっても、

企業
企業
おやおや、必死に模範解答を暗記してきたようですねえ・・・ですが、暗記しか能がない虫けらはわが社には必要ありませんよ?

と、ベテランの面接官にはバレバレだ。それよりもおめえの熱意をアピールし、上手く喋れなくても自分の言葉で志望動機とかを答えたほうがずっと心に響くぞ!

ニートは空白期間何をしていたか考えておこう

ニートにも色々あるけど、無気力で部屋に引きこもってるだけのヒキニートは印象が悪い。

こじつけや趣味でもいいから何か打ち込んだものを面接でアピールするといいぞ!

じゃ、おめえもやってみてくれよな!

コメント