サイトの順位が急に下がってしまった時の対処法

ニート・フリーター

更新日

オッス!今回はサイトの順位が急落してしまった時の対処法について紹介すっぞ!

スポンサーリンク

サイトの順位が下がってもしばらく静観が基本

 

もしおめえのサイトの順位が急に下がっても、あわてて何か行動を起こす必要はない。
Googleさまも完璧な神様じゃねえから、たまに失敗することはよくある。何もしなくても順位がもどることは多々あるから、順位が下がったらといってスグに動く必要はねえぞ。
特に、Twitterでは順位変動したら必ず変な情報が流れるから鵜呑みにしないでくれよな!

順位が下がるパターン

 

順位が下がったパターンについて紹介すっぞ!

1~2ランクぐらい微下がり

 

まず一番多いのは検索順位が1~2ランク下がる現象だ。はっきり言ってこれは誤差の範囲だ。おめえのサイトが1位だとピタリと動かねえことが多いけど、検索順位が2位以下だと結構揺れることが多い。
特に、11位以下の2ページ目の場合は乱高下することもしょっちゅうあっぞ。

それに、おめえのサイトが悪いんじゃなくて、抜かされたサイトが良くなった可能性もある(リライトとかリンクとかな)

だから、1位とか2位とか少し順位が下がったぐれえでビクビクするのはオラはよくねえと思うぞ!

一部のキーワードだけ急落

 

次に多いパターンは、一部のキーワードだけが急落するパターンだ。これには原因がいくつかあるけど、対処できないものとすべきものがあっぞ。

検索意図が変わった

 

クエリの検索意図が変わると順位が急変動する。たとえば、「大根おろしおばさん」というキーワードでおめえのブログが1位だったけど、ある日突然圏外に飛ばされたとしよう。

よく調べてみたら、ある芸人が「大根おろしおばさん」というネタをテレビでやっていた・・・

というのはよくあることだ。

これは、「大根おろしおばさん」というキーワードに対する答えが変わったということだ。

ある日突然ユーザーが求めるコンテンツ(検索意図)が変わったから、どんなに素晴らしかった記事だとしても記事を大幅にリライトするしかなくなる。

あと最近多いのはグーグルマップとかYouTubeが上位されて相対的に順位が下がってしまうパターンだ。こういうクエリそのものの変動はオラたちではどうしようもできないから打つ手がないぞ。

記事が古くなった

 

記事が古くなると順位が落ちることがある。クエリにもよるけど半年から1年ぐらい放っておくと順位が下がることが多い。特にブログ自体の更新を辞めてしまうとどんなに素晴らしいコンテンツでも順位がだんだん下がっていくぞ。バズ部みてえにな。だから古い記事はリライトして常に新しいコンテンツに保つのが重要だぞ!

Googleの迷い

 

最近よくあるのがGoogleがどの記事を上位させていいのか迷っているパターンだ。これは、順位が下がったクエリで、どのURLがランクインしているかを調べるとわかる。

もし順位が下がったキーワードでランクインしたURLが、今までのURLと違っていたりすることがあるはずだ。

たとえば、

うんこ 漏れる

というキーワードで

うんこを漏らすとダメな場所5選

というおめえのブログの記事が4位だったのに、いつのまにか15位になっていた。

調べてみると15位にランクインしていた記事がいつのまにか

うんこが漏れたときに使える言い訳8選

という記事になっていたというパターンだ。

この原因はおそらくタイトルが似ているからGoogleがどの記事を表示していいのか迷っているんだ。このパターンは順位が急上昇する予兆でもあるから静観したほうがいい。

しばらくして元の記事が無事表示され、おまけに順位も上がるパターンもある。

もちろんそうじゃないパターンもあるけど、内部リンクを集中させたりSNSから流入を流すとかで改善できる場合もあるぞうだ。(あとリンク入れるとか)

ただ、よく似たタイトルでよく似た中身の記事が多くなってくると最終的にアップデートが来た時に圏外に飛ばされる恐れがある。だから、よく似たタイトルで統合できるのなら一つにまとめた方がいいかもしれねえな。

サイト全体の順位が下落した

 

サイト全体の順位が下落した場合は危険信号だ。サイト自体の評価が下がってるってことだからな。
とはいってももう2度と回復できねえわけじゃねえぞ。

重複がないか見直す

 

先述の通りGoogleは重複したページが多いサイトの評価をある日突然下げる
内容がよく似た記事がたくさんないか、コンテンツの使いまわしがないか、タイトルが紛らわしくないかチェックして消そう。
あと意味のないカテゴリとかタグとかもマイナスだ。

被リンク

 

これに関しては詳しくはいえねえんだけど、どうやらGoogleはリンクに関しても更新頻度ちゅうもんをみてる可能性が高い。あと、リンクにも賞味期限があるらしいしな。
だから、リンクを入れると上がってくる可能性はあっぞ。

手動ペナルティ

 

サイトの順位が一律で50位下落した場合は手動ペナルティを食らった可能性が高い。サーチコンソールでGoogleからのお便りを受け取れっぞ。

ペナルティは詳しい解説をいつか書こうと思ってるけど3種類あるぞ。昔はペナルティも簡単に解除できたけど今では厳しいみてえだな。

でも逆に言うと、ほとんどの順位下落はペナルティじゃねえから、原因がわかればまた順位を戻せるってことだ。

まとめ

 

サイトの順位が下がってもあきらめちゃいけねえ。対策を繰り返せば必ず復活できっぞ!オラも何回もサイトの順位は下がってるけどそのたびにすさまじいSEO対策を繰り返してきた。
アフィリエイターは死の淵から立ち上がるたびに強くなる・・・そう、オラたちサイヤ人のようにな!

コメント