中小企業と大手企業はどっちが楽?

楽な仕事

更新日

今回は、中小企業と大手企業はどっちが楽なのかについて説明しましょう。

 

オラは皇居の真ん前にある超大手企業から、社員数たったの2人の零細まで様々な企業を経験している。そんなオラが、大手と中小どっちが楽なのかをおめえに教えっぞ!

スポンサーリンク

大手よりも楽な中小企業はホントに楽だぞ!

中小企業は楽だがブラックもある

結論から言うと、大手企業はバラつきが少なく、ブラック企業は少ないですが楽でもありません。

一方、大手企業よりも楽な中小企業は存在します。そして、それらの中小企業は適当なので本当に働かなくてもいいレベルで楽なケースも稀にあります。

ただし中小企業はバラツキが激しく、人が死ぬようなブラック企業も平気で存在します。

簡単に説明すると、
ユルい中小企業>>>大手企業>>>>>>ブラック中小
という図式が最もわかりやすいと思います。

大手企業で楽な会社は少ない

大手企業で楽な会社は少ない

一方、大手企業でそこまで楽な会社は少ないです。。

大手は基本どこでもちゃんとしてるから、仕事もある程度忙しいです。中には会社を挙げて残業を減らしたり、有給取得を増やしたりする取り組みをしてるところもありますが、忙しさは部署によるというのが現実です。

どれだけホワイトといわれる企業でも、ちゃんと仕事してねえと大きな組織を運営できねえからな。

だから、暇な部署は一日中ネットサーフィンできる部署の傍ら、人事部など不眠不休で仕事をしているハズレ部署が存在しているのです。

部署を選ぶことができない

 

さらに大手は配属先の部署を選ぶことができないから、楽な職場へ配属されるかは完全に運しだいです。特に中途採用の場合は空いた席を埋める定員補充がほとんどだから、たいていは忙しい部署に配属されます。

あと、大手は勿論勤怠報告や評価制度もしっかりしてるから、仕事をさぼったりするのは難しいです

ユルい中小企業は本当にユルい

でも、中小企業は別です。適当にやってるところは本当に適当なので、
中にはオラみてえに1日一時間も仕事してなくても許される企業だって存在します。

上記の動画はシバターが楽だったバイトを解説する内容なのですが、そこで彼は

大手企業より個人経営の店のほうが圧倒的に楽だった

と言っていました。これは私も完全同意で、大手は一律に管理されているから極端に楽であることはほぼありません。

代わりに過労死するほど働かされることも少ないですし、福利厚生も充実しています。ですがそこまで楽だという訳ではないのです

だから、おめえが本当に楽をしてえのなら、ユルい中小企業を見つけてうまく転職することを考えるべきだぞ!

大手企業はメール送信すら面倒くさい

大手の場合、組織が大きすぎて連絡するのにすら面倒くさいです。
メールの送信すら先輩からチェックがあるほど、宛先や文面に独自のしきたりがあります。
また、

スポンサーリンク
楽な仕事
スポンサーリンク
シェアする
転職サイヤマン|空白期間ありのニートやフリーターでも高収入ホワイト企業に就職する方法

コメント