面接で退職理由はなんて答えればいい?

面接

更新日

オッス!今回は面接でよくある質問の退職理由について説明すっぞ!

スポンサーリンク

面接では、退職理由は正直に答えればいい

結論から言うと、転職では退職理由については基本的に正直に答えればOKだ!
転職では第二新卒などの未経験を除いて、おめえが今まで培ってきたスキルが問われる。

だから、

年収に不満があった
会社が保守的だった
将来性に不安があった
与えられた仕事がつまらなかった

など、好きに答えればOKだ!

ちなみに、前職に不満があったから転職活動してるのであって、言いづらい退職理由になるのは人事側もわかってる。だから、無理に誇張したり、綺麗に取り繕うとするよりは正直かつ簡潔に話した方がずっと好感が持たれやすいぞ。

それに、もし正直に答えて落とされるならそれで構わねえと思うぞ。
なぜなら、その会社に受かったとしても、前の会社と同じ不満を感じてどうせ辞めちまう可能性が高いからだ。

会社は変わっても、おめえ自信の人格は何一つかわらねえ。
つまり、前の会社も今の会社も同じ不満がたまりやすい環境なら、結局は同じことを繰り返すだけだってことだな。

仕事ができない系の退職理由はNG

ただ、仕事ができない系の退職理由はNGだ。
ミスが多くて叱責されてばかりで辞めたとか、仕事が覚えられなくてクビになったとかだな。
転職は即戦力期待だから、仕事ができねえ奴はハッキリ言って非常に厳しい。

だから、

面接
スポンサーリンク
シェアする
転職サイヤマン|空白期間ありのニートやフリーターでも高収入ホワイト企業に就職する方法

コメント