リモートワークがはかどる場所はファミレスより○○【在宅2年のプロがおすすめ】

在宅ワーク

更新日

オッス!今回はリモートワークがはかどる場所を紹介すっぞ!

スポンサーリンク

リモートワークは在宅では集中できない・・・

 

コロナウイルス騒動で、在宅勤務になった人も多いと思う。

パソコンを使った仕事はリモートワーク出来るからな。

でも、リモートワークになっても、自分の家だと全く仕事に集中できねえ奴は多いと思う。

家にいると掃除を始めたり、YouTubeやTwitterを見たり、エロサイトで●●●●を始めたり、関係のないことを始めてしまい、作業効率が著しく落ちてしまいがちだ。

職場だと誰かの監視の目があるから、遊んだり仕事以外のことはできねえ。

でも、家だといろいろな誘惑があるし、ほかのモノ(テレビやPC、スマホなど)に注意が向きやすく、集中力を保つのが難しくなってリモートワークのパフォーマンスが落ちるぞ。

そのため、家ではなく集中できるような環境の「場所」でリモートワークした方が効率がいいことが多いぞ。

ファミレスでリモートワークしていたが・・・

実際、オラも魁皇さまの元で在宅ワークしていた頃は、ほぼすべての作業をファミレスで行っていた。

ファミレスは深夜まで営業していたし、数百円で数時間以上居座れたしな。

これは今の会社に就職しても、ブログを書いたりアフィリエイトの作業をしたりするのもずっとファミレスだった。

そう、コロナショックが起こるまでは・・・

コロナによる緊急事態宣言で、飲食店は8時までしか営業しなくなってしまった。
その結果、ファミレスの営業時間が大幅に短縮されてしまったんだ。

リモートワークだと昼夜逆転しやすいから、3時ぐらいにファミレスに入っても8時までの5時間しか作業できねえ。

昔ならデニーズに12時間居座って作業したりとか無茶なことをやってたんだけど、今ではそれも通用しねえってことだ。

ファミレスという最強の場所を封じられたオラはガチで在宅ワークの効率が悪くなっている。

会社に行って先輩の目を盗んで作業していた頃のほうが作業が進んでいるぐれえだw

コロナ状態のファミレスにはメリットもある

ただ、コロナによってファミレスのリモートワーク環境は良くなったところもある。

それは人が少なくなったことだ。特にソーシャルディスタンスを保つために席同士の距離を開けて座らされるからメチャクチャ快適だ。

サイゼリヤとかうるせえ学生とかババアとかがたくさんいたけど全然そういう奴らもいねえしな。

多くのファミレスは11時~20時まで営業しているから、朝型の人はファミレスでリモートワークしてもいいかもしれねえな。

8時までしかやってないという点を除けばかなり快適だと思うぞ。

最強のリモートワーク場所を発見!

ただ、オラは今日歌舞伎町に不要不急の外出をしていた時、とんでもねえものを見つけちまった。

それは、緊急事態宣言下でも堂々と営業しているネットカフェがあるってことだ。

ネットカフェは3密を防ぐために多くが自主休業している。

でも、

うちのネカフェは3密じゃありません!ちゃんといろいろな対策をやってます!だから休業しませ~ん!

という半ば開き直りともとれる宣言の下、

在宅ワーク応援キャンペーン

を謳って緊急事態宣言中も堂々と営業しているネカフェが実はいくつもあるんだ。

ネカフェはPC環境も整っているし、ドリンク飲み放題、個室、WIFIあり、静かというリモートワークに必要なすべての要素がそろっている

だから、緊急事態宣言下ではファミレスよりもネカフェのほうがいいかもしれねえな。

緊急事態宣言でもネカフェが営業している理由

緊急事態宣言でもネカフェが営業している理由は、ただ単に自粛を無視しているわけではない。

ネカフェが全部なくなると、難民たちが外に締め出されホームレスになってしまう。さらに、こいつらがコロナに感染したら本末転倒だから、行政もパチンコや飲み屋みてえに強く言えねえみてえだな。

でも、カスタマカフェや自遊空間は自粛しているから、やはりそこは各自の判断にゆだねられているところはあるけどな。

ネカフェでリモートワークするときはオープン席で!

ネカフェはファミレスよりも仕事する環境が整ってる。でも、完全個室だけはあまりおすすめしない。
なぜなら、完全個室は衆人環視がないから、サボりやすくなるからだ。

オラの場合、ネカフェの個室でリモートワークする場合、絶対最初にアベマTVを見るか●●●●してしまう。

やはり、ファミレスや職場のように他の人が同じ空間にいて、サボりにくい環境がリモートワークを効率よく進めるのに一番いいと思うぞ。

緊急事態宣言でも営業しているネカフェは?

オラが調べた限り、緊急事態宣言下でも営業しているネカフェは4つだ。

この中でたぶん一番有名なのはマンボ―だと思う。コミックバスターとか快活クラブとかはあまり見かけねえけど地方都市とかではよく営業してるぞ。

この中でマンボ―、快活クラブとコミックバスターは3時間1000円ぐらいと値段も安い。
金太郎はVRとか見放題で完全個室でかなり快適だけど値段は高いぞ。

でも、ゴールデンウィーク中は料金が半額になったり、VRゴーグルが無料で貸与されるなどいろいろなキャンペーンをやるみてえだな。

ファミレスが封じられた今、頼みの綱はもうネカフェしか残されてねえ。オラもいきつけのネカフェは自粛しちまってるから、近所の金太郎に初めていってみるつもりだ。

リモートワークは家ではどうしても作業できねえってんなら、是非ネカフェでやってみてくれよな!

スポンサーリンク
在宅ワーク
スポンサーリンク
シェアする
転職サイヤマン|空白期間ありのニートやフリーターでも高収入ホワイト企業に就職する方法

コメント