職歴が汚いのは転職回数が何回からで空白期間は何か月から?

履歴書・職務経歴書について

更新日

オッス!今回は職歴が汚いという言葉は具体的にどのような転職回数や空白期間を指すのかについて説明すっぞ!

スポンサーリンク

職歴が汚い条件を紹介

一般的に、転職した回数が多かったり、空白期間があったりすると職歴が汚いといわれる。
職歴が汚い奴は、書類選考の時点で

企業
企業
フン、きたねえ職歴だ

と人事に履歴書を破かれることが多いから、就職が困難になっぞ!
でも、何回転職を繰り返したのか、どれぐらい空白期間があったのかはどこにも書いてねえから、
オラが汚い職歴の目安を紹介すっぞ!

在籍期間が一年未満

まず、汚い職歴の第一条件として、短期間で離職を繰り返していることが挙げられる。
今まで日本では転職する人のほうが少なかったから、在籍期間が一年未満の職歴が多いと、

企業
企業
おやおや、在籍期間が一年未満の職歴が何か所も・・・この人材を雇っても、どうやらすぐに辞めてしまいそうですねえ・・・

と疑いの目を持たれる。

それに、いまだに日本では石の上には3年という考えが根強く、特に老害どもはどんなにつらくても3年は同じ会社で我慢するべきという固定観念に支配される奴が多いぞ。

ちなみにハロワのおっさんが言ってたけど、短期離職を2回以上繰り返してると汚い職歴と思われる可能性が非常に高くなる。
ただし、一回だけであっても要注意だ。絶対に離職理由を聞かれるから、納得させられる言い訳を考えておくのがベストだぞ!

半年以上の空白期間

何の仕事にもついていない空白期間は目立つから、汚い職歴だと認識されやすい。
ただ、3か月程度であれば失業保険の給付期間とも被るから、なんとか職探ししてたと言い訳することができる。

でも、

コメント