転職サイトと転職エージェントの違いは何なのか比較してみた!

転職エージェント・転職サイト

更新日

 

オッス!今回は転職サイトと転職エージェントの違いは何かということについて比較してみたぞ!

スポンサーリンク

転職サイトと転職エージェントの違いを比較してみた

転職サイトと転職エージェントの違いはたった一つだ。
転職サイトは掲載されている企業の求人に自分で応募するのに対し、
エージェントは転職コンサルタントに企業を選んでもらい、応募もエージェントを介して行われる。

つまり、企業選びから応募、面接まで全部自己責任でやらなきゃいけねえのが転職サイト、
面接以外は全部他人にやってもらえるのがエージェントってことだ。

ここだけ書くと何から何まで全部人任せにできるから、転職サイトよりもエージェントのほうが魅力的に感じる。
たしかにエージェントは便利だけど、実はデメリットも存在するから、ここでは転職サイトとエージェントを比較してメリットとデメリットを書いていくぞ。

転職サイトのメリット

転職サイトは企業の求人が掲載されているだけで、自分で選ぶことができる。
自由に応募できるから、エージェントに掲載されていない掘り出し物のレア求人に応募できる

転職エージェントを使うと結構な料金が発生するから、体力がないベンチャー企業なんかはエージェントが使えない。
あとはエージェントなんか使わなくても勝手に人が集まってくるような優良企業も多い。
だから、自分で企業の口コミとかを調べてホワイト企業を探すことができるんなら、転職サイトを使ってみるのもおすすめではあるぞ。

転職サイトのデメリット

転職サイトのデメリットは、やはり自分で転職活動を全部やらなきゃならねえところだ。
転職サイトには大量離職、大量採用を繰り返す会社がたくさん求人を出してる。

また、普通に待遇が悪いブラック企業の求人もあるから、それらに引っかからないように自分で見分ける力をみにつけねえ限り、転職サイトを使うのは難しいぞ。

また、転職サイトを使うとスケジュール管理とかも自分でやらなきゃいけねえ。
オラも面接を一日に詰め込みすぎてわけがわかんなくなっちまったことは何度もある。
だから、転職サイトだけ使うのも結構リスクがあるってことだな。

転職サイトに向いている人

転職サイトを使うのにおすすめな人は、
やはり何度も転職経験がるベテランだ。別にベテランじゃなくてもブラック企業かどうかをちゃんと見分けられる人も転職サイトを使ってもいい。

あとはどうしてもこの会社に行きたい!とか、この業界で働きたい!と確固たる意志があるのなら、
エージェントじゃなくて転職サイトを使ったほうがいいと思う。
転職エージェントはあくまでもおめえの希望を聞いてくれるだけで、どの会社に応募するかピンポイントで決めることはできねえ。
そもそもその会社がエージェントに求人を出してなかったら終わりだしな。

とにかく、転職活動を自分だけの力で成功させられる自信があるのなら、転職サイトを使ったほうがいいと思うぞ!

転職エージェントのメリット

転職エージェントの最大のメリットは、さっき書いたように、転職活動における面倒な作業を全部人任せにできるってことだ。
おめえの希望を伝えれば、キャリアコンサルタントがおすすめの会社を紹介してくれるし、
書類の応募からスケジュールの管理、面接のアドバイスなんかもやってくれる。

あと、エージェントの場合、応募した企業に水面下で交渉してくれることもある。だから本来なら不採用になるところをエージェントの力で合格したり、
年収アップ交渉など待遇面での調整も行ってくれることもあっぞ。

つまり、転職エージェントはおめえが本来やらなきゃならねえ作業のうち、ほとんどを代行してくれるってわけだな。

転職エージェントのデメリット

だけど、転職エージェントにはデメリットもある。それは自由に企業を選んで応募できねえってことだ。
あくまでもおめえの希望をキャリアコンサルタントに伝えるってだけで、応募できる企業は向こうが提示してくるからおめえに選択肢はほとんどねえ。

もちろんそれでいきたい企業が見つかればいいけど、向こうも商売だから完全におめえの意向が反映されるわけじゃねえ。
転職エージェントは企業側からお金を貰って営業してるから、本当のお客さんはオラたち求職者じゃなくて求人を出してる企業だ。

だから、なんでも転職エージェントのいうことを鵜呑みにするんじゃなくて、自分に本当にマッチした企業なのかよく考える必要があっぞ!

辞退ができないことも・・・

さらに、転職エージェントを介した場合、面接の辞退ができねえこともある。
ドタキャンを繰り返したりすると企業側の心象が悪くなり、エージェントから紹介してもらえねえことだってある。
あとはエージェントを通して転職すると、内定辞退しないように言われることもある。
これはもちろんエージェント側の利益がなくなることと、企業とエージェントの関係が悪くなるからであっておめえのことを考えてのことじゃねえ。

オラも実際にあるエージェント(D〇DA)で内定辞退しようとしたら全力で拒否されて、
2度と同社のサービスが使えなくなると半ば脅されたことがある。

まあ、結局内定辞退したんだけど笑、このように、エージェントは便利な反面融通が利かないところもあるから使う前によく注意したほうがいいぞ。

転職エージェントを使うのにオススメな人

転職エージェントはサービス自体は非常に便利だから、仕事が忙しい人にはぴったりだ。
あとは実績があったり、高学歴など年収アップが確実な人も転職エージェントを使うとおすすめだ。
なぜならこういう人材は企業側の需要が高く、優良企業を紹介してくれる可能性が高くなるからだ。

つまり、企業に紹介しやすい人材だから、エージェントを通すとうまくいきやすいってことだな。

ニートやフリーター、第二新卒にもおすすめ

転職エージェントには、就職shopなど、ニートやフリーター、第二新卒などに特化したサービスもある。
ニートやフリーターなどは普通の転職エージェントに登録すると待遇が悪い会社しか紹介してくれないことが多いため、不利益をこうむりやすい。
でも、未経験に特化したエージェントなら、学歴経歴一切不問の求人を紹介してくれるため自力で転職活動するよりも非常に有利だぞ!

まとめ

転職サイトとエージェントを比較してみると、

転職サイト:応募から内定まで全部自己責任
転職エージェント:面接以外全部エージェントがやってくれる

という違いがあっぞ!
だから、エージェントなんて使わなくても全部自力でできるのなら転職サイトに登録するだけでいいし、
転職初心者でさらに忙しくて時間があまりない場合はエージェントを使ったほうがいい結果が出やすいぞ!

おめえは果たしてどっちなんか、よく考えてくれよな!

コメント