高学歴におすすめの転職サイト・エージェントを紹介!

転職エージェント・転職サイト

更新日

オッス!今回は高学歴のおめえにおすすめの転職サイトを紹介すっぞ!

※ここでいう高学歴とは、

東大・京大・一橋・東工大
旧帝大

を始め、

早慶
上智

理科大
ICU

などの私大や

マーチ・関関同立
駅弁

などの大学を指すぞ!オラは山育ちだから学歴とかよく分かんねえけど、だいたい上から順にいい大学扱いされることが多い。

でも、これらは目安であって、厳密にどの大学が上とかあまりそんなのは意識しねえ方がいい(早稲田と慶応はどっちが上かとか)
新卒の場合は、大企業はどの大学から何人採用するかを決めてるけど、中途採用ではそんなことはないからな。
まあ、東大とか一橋は別格だけどな!

スポンサーリンク

高学歴におすすめの転職サイト

高学歴におすすめの転職サイトは、ズバリ「ハイクラス向けの転職サイト」だ。

ハイクラス向けの転職サイトとは、高学歴高収入の人のために作られた転職サイトで、求人の質が他とは段違いだ。

他の転職サイトに登録しても、離職率が高く、待遇が悪い会社ばかりでうんざりすることがある。だけど、ハイクラス向けの転職サイトはそういう変な会社の求人は一切ないから、おめえが希望した条件の会社だけを紹介してもらえっぞ。

ビズリーチ

 

ビズリーチは高学歴におすすめの転職サイトだ。審査制の転職サイトで、もちろん学歴も審査基準に該当すっぞ。

ビズリーチはスカウトシステムが充実していて、登録すれば一日10件以上はスカウトマンや直接企業からオファーが来る。しかもおめえが希望した職種のスカウトしか来ねえし、年収も比較的高めの求人ばかりだ。

ただ、ハイクラス向けといっても管理職や外資のコンサルみてえな求人だけじゃなく、一般企業からのスカウトもちゃんとある。その中でも特に厳選された優良企業からしかオファーが来ねえって感じだな。

ちなみにビズリーチは高収入じゃなくても登録できるし審査に受かる。オラは年収300万円台だったけどちゃんと毎日スカウトが来るから、アピールできる経歴やスキルさえあればでえじょうぶだ。

まあ、まだ学歴パワーが生きてたのかもしれねえな。

20代ならキャリトレもおすすめ

 

おめえがもし20代ならキャリトレもおすすめだ。キャリトレはビズリーチの姉妹サイトで、20代向けのハイクラス転職案件が豊富だ。求人の質はビズリーチとほぼ一緒で、こっちは審査もないから気軽に登録できっぞ!

Liiga

Liigaはガチのハイクラス向け転職サイトだ。ビズリーチと違って、一般的な日本企業の求人案件はほとんどねえ。外資系の聞いたことがねえ金融かコンサル、GAFAクラスのIT企業がほとんどだ。

このサイトも審査制だけど、オラ程度の下級戦士でもなんとか通過できた。でも、スカウトは今のところ一件しか来てねえ。スカウトを貰うには本当の超エリートじゃねえとダメみてえだな。

外資系金融やコンサルを狙うのなら、登録が必須のサイトだぞ。

 

転職サイトよりも転職エージェント

自分が高学歴だという自覚があるのなら、大手の転職エージェントを利用するのがおすすめだ。

大手の転職エージェントには優良な案件が集まってくる。エージェント側はこれらの優良案件には、それに見合った優秀な人材を紹介したいと考える。

だから、優良案件には優先的に高学歴な人材を紹介するってわけだな!

ちなみにオラの高学歴の友達も、転職エージェントを使って年収アップしたやつは何人もいるけど、みんなリクルートエージェントなどの大手を利用していた。

あと、大した職歴じゃなくても、若くて学歴さえあれば優良案件を紹介してくれる。

オラもニート時代にリクルートエージェントを使ってすぐに内定獲得したし、大卒後フリーターを経て大手に就職した同級生もいっぞ。

でも、転職サイトで自力で転職活動するのはあまりオススメしない。どうしてもこの会社に行きたいっていう強い気持ちがあればべつだけど、そうでなければエージェントを使った方がいいぞ。なぜなら、どこの転職サイトも大手などの優良求人は公開してないからだ。転職サイトに回ってくる優良案件のほとんどは、非公開求人に回される。

そして、非公開求人に応募できるのは転職エージェントに登録してる人だけなんだな。

例えば、リクナビネクストに登録しても応募できるのは1万件の求人だけで、残りの19万件はエージェントに登録しないと見れねえんだ。

せっかく高学歴でエージェントに優先して求人を紹介してもらえるんだから、転職サイトに登録するのはやめた方がいいと思うぞ!

詳しくはこの記事参照

転職サイトと転職エージェントの違いは何なのか比較してみた!
転職サイトと転職エージェントの違いを比較して、メリットやデメリットをそれぞれ列挙し、あなたがどっちを使えばいいのかおすすめを紹介します。

このように、高学歴であればあるほど大手の転職エージェントを利用した方がいい結果が出やすいと言うのがオラの結論だ!

おすすめ①リクルートエージェント

リクルートエージェントは高学歴に一番おすすめの転職エージェントだ。求人数が20万件と全転職サイト中ナンバーワンだから、その中から選りすぐりの案件を紹介してもらえっぞ。

あと、リクルートエージェントはこちらの転職活動に干渉してこないから、自分が行きたい会社像がハッキリしてる人に一番おすすめだぞ!

おすすめ②マイナビエージェント

マイナビエージェントも大手の転職エージェントだから高学歴におすすめだ!オラも一度面談に行ったけど凄く丁寧で好感が持てるコンサルタントだったぞ。マイナビエージェントはIT系や、20代の転職に強いから、ぜひ使ってみてくれよな!

高収入専門の転職エージェントもアリ

あとは、高学歴かつ高収入なら、専門の転職エージェントに登録するのもアリだ。

例えばビズリーチやJACリクルートメントという転職サイトは年収600万円以上じゃないと登録できねえ。

でも、大手企業の管理職や役員などのポストなど、高収入求人のみを扱ってっぞ!

もちろん、これらのサイトはただ高学歴なだけじゃダメだ。東大の法学部だろうがハーバードの経済博士であろうが、年収制限に満たないものは登録できねえ。

でも、それらの条件を満たしてれば高待遇の案件を見つけることが可能だぞ!

まとめ

 

高学歴の転職は非常にイージーだ。まともな職歴なら大手企業が欲しがるから、転職エージェントに売り込んでもらえる。さらにオラみてえに汚ねえ職歴でも案件を紹介してもらえっぞ。もしオラが中卒ニートだったら門前払いされてたと思うぞ!

ちなみに、学歴パワーは年齢とともに衰えていく。30代とかになると学歴よりも経験の方が重視されるから気をつけてくれよな!

コメント