LinkedInで転職に成功できるのはハイスペック人材のみ

転職エージェント・転職サイト

更新日

オッス!今回はマイクロソフト社が運営する、ビジネス・転職系SNS「LinkedIn」について紹介すっぞ!

スポンサーリンク

LinkedInは意識高い系転職SNS

Linkedinのホーム画面

LinkedInはビジネスのために作られた意識高い系SNSだ。
主に転職のスカウト用に作られていて、アメリカのビジネスマンはほとんどの人が登録しているらしい。

日本でも250万人以上の人がLinkedInに登録していて、やっぱり企業のスカウトやエージェント、ヘッドハンティングなどを活発に行ってるようだぞ。

ただ、日本の場合だとLinkedInで転職するという文化があまり根付いていないから、スカウト活動を行っている企業がほとんどない。

そもそも日本企業はITに弱いというのもあって、採用はリクルートとかの転職エージェントに丸投げって会社がほとんどだ。
そのため、LinkedIn上で採用活動をしてるのは、googleやFacebookなどの外資系IT企業や、スタートアップのベンチャー企業などかなり偏ってるぞ。

LinkedInで転職成功するのはハイスペック人材だけ

LinkedInで転職成功するのはほんの一握りのハイスペック人材だけだ。

実際、LinkedInに一流企業からのヘッドハンティングやスカウトを夢見て登録しても、
メッセージの一通も届かない人がほとんどだと思う。

LinkedInを使って転職活動した話
はじめに 先日は退職エントリを書かせていただきました。本日は転職活動のあれこれを書こうと思います。苦労話なので…

上記のブログの筆者はLinkedInだけで転職活動して、googleやFacebookなどの一流企業を受験し、見事にある企業の内定を獲得してる。

記事を読んでもらえるとわかるけど、この人は富士ゼロックスのITエンジニアで、かなり優秀な気を感じっぞ。

この人だけじゃなくて、LinkedInに登録して転職で成功できるのは高学歴で一流企業に在籍し、高いスキルを持ったハイスペック人材がほとんどだといえっぞ。

なぜなら、

コメント