キャリトレに登録したらすぐプラチナスカウトが来た!【口コミを評価】

転職エージェント・転職サイト

オッス!今回は20代向けのハイクラス転職サイト「キャリトレ」に実際に登録して、口コミサイトなどで評価を調査していくぞ!

スポンサーリンク

キャリトレとは

キャリトレは、優秀な20代向けの転職サイトだ。ハイクラス向け転職サイトのビズリーチが運営してることからもわかるように、

大手企業
ベンチャー企業
その他優良企業

などから厳選された優良求人を中心に掲載してっぞ。

だけど、実はキャリトレには誰でも登録することができる。もちろん扱ってる求人は大卒でそれなりのキャリアがある若手向けしかねえけど、別に高卒だろうが中卒だろうが登録することができっぞ。

年収600万以上っちゅう縛りがあるビズリーチとは違って、20代なら誰でもチャンスがあるのは嬉しいな!

※あと内緒だけど30代以降も登録できる。これは転職サイトに年齢制限を設けるのは法律で禁止されてっからだ。

でもキャリトレは20代向けの転職サイトだから、30代以降なら姉妹サイトのビズリーチに登録したほうがいいと思うぞ。

キャリトレを使ってみた感想

キャリトレに登録して実際に求人を検索してみたんだけど、本当に優良企業しか掲載してねえ。他の求人サイトにたくさんはびこってる

個人営業
飲食
派遣のITエンジニア

など、待遇が良くない企業の求人がほとんどなかった。

さらに、後で紹介するけど誰でも知ってる大手企業や、現在勢いがある有力ベンチャー企業など、高収入で社会的ステータスが高く、やりがいがありそうなポジションの求人がたくさんあった。

おめえがもし

キャリアアップしたい
大きな会社で働きたい
年収アップしたい

などを転職によってかなえたいのなら、キャリトレに登録すべきだと思うぞ!

キャリトレに登録してみた

では早速キャリトレに登録してみたぞ。
まずはおめえの職歴や学歴など、個人情報を登録していく。

記述する部分はなくて、ほとんどがチェックボックス式だからサクサク進んだぞ。

職務経歴書を入力し終えると(省略可)これでキャリトレへの登録は完了だ!

キャリトレのレコメンド機能

キャリトレにはレコメンド機能がある。興味があるボタンを押した求人から傾向を分析して、おめえにマッチしやすい会社をお知らせしてくれっぞ!

ちなみに、リクナビネクストのレコメンド機能とは違って、ちゃんと志望する職種のよさそうな求人を消化してくれた。

かなり制度が高いレコメンド機能だから信頼できっぞ!

キャリトレのプラチナスカウト機能は超有能!

キャリトレの最大の目玉である機能、それはおそらくプラチナスカウト機能だと思う。

プラチナスカウトとは、スカウトメールを送ってきた企業に応募すると、書類選考が免除になって、そのまま面接に進めるっちゅう制度だ。

実は、このプラチナスカウト、他の転職サイトと比べると求人の質が段違えだ。他の転職サイトは、こういうスカウト機能で人気のねえ悪待遇の求人ばかりゴリ押ししてくっけど、キャリトレだけは一味違う。

誰でも知ってる大手企業からバンバンスカウトが来っぞ。オラのところにも世界的に有名な某ゲーム会社からプラチナスカウトが来た。

こんな規模の大きな会社から直接スカウトが来たのはキャリトレだけだ。さすがオラみてえなデキる20代のための転職サイトなだけのことはあるな!

プラチナスカウトは誰でももらえる可能性大!

 

でも、オラの経歴とか全然大したことねえし、職務経歴書も適当に書いてたから、誰でも大手企業の選考を書類審査なしで受験できると思うぞ。

あと、登録した瞬間にプラチナスカウトが来たから、みんなのところにスカウトが届いてる可能性が高え。

でも、正直優良企業に転職を考えてるのならプラチナスカウトがもらえるだけでもかなり優位に立てるから、登録しないという手はないと思うぞ。

キャリトレに掲載している企業の求人について

 

キャリトレには、全部で166278件もの求人が掲載されている。これはリクナビネクストよりもはるかに多く、転職サイトの中ではかなり大きい数字だ。

でも、同じ会社でも違うポジション(営業と経理など)に分かれてカウントされているから、実際には10分の1ぐらいだと思われる。それでもtypeとかより多いから、けっこう規模が大きな転職サイトだといえっぞ。

どの業種もまんべんなく掲載

次に、キャリトレに掲載している求人を業種別に見てみよう。

営業(36169)
IT・WEB・エンジニア(41186)
マーケティング(19726)
メーカー技術・研究・開発(14427)
経営・企画・管理(19455)
販売・サービス・事務・アシスタント(8712)
資材・購買・物流(1245)
建設・土木(12685)
コンサルタント(16582)
金融・不動産(2987)
メディカル(2651)
専門職(743)
クリエイティブ(5105)
その他(8173)

キャリトレには、どの業種もまんべんなく掲載されているのが分かる。他の転職サイトでは営業やITエンジニアだけが突出していることが多いが、キャリトレにはそれがない。

オラが志望するwebマーケも、他の転職サイトならクローズド扱いになってることが多く、検索しても全然ヒットしない。

でもキャリトレなら大手やベンチャーのwebマーケが1000件以上ヒットする。オラの体感ではgreen(webベンチャー専門の転職サイト)と同じかそれ以上ぐれえだ。

このように、エージェントじゃなくて検索型の転職サイトに限って言えば、キャリトレは最強かもしれねえな。

求人を掲載している企業の評価を口コミサイトで調べてみた

 

では最後におなじみの、キャリトレで掲載している企業の評価を某口コミサイトで50社調べてみたぞ。

結果はなんと、5点満点で3.347だった。これは、オラが今まで調べた転職サイトのうち、現時点では最も高い数字だ。

他の転職サイトにも高評価の会社はあるが、2.5~2.7台の会社が結構多いから足を引っ張って平均が悪くなってしまうんだけど、キャリトレにはそういった会社がほとんどなかった。

3.3~4以上の優良企業が多く、中にはホワイトで有名な大企業もいくつかあった。

やはりキャリトレに掲載している会社は、選ばれた好待遇の企業だけなんだな。

まとめ

キャリトレは大手企業やベンチャーを中心に、好待遇高収入の求人だけを厳選して紹介してっぞ。

オラが実際に登録した中では、20代向けの転職サイトでは一番求人の質が良かった。

キャリアアップしてえ奴とか、収入を増やしたい奴には一番おすすめの転職サイトだ。

最後に、こういうハイクラス向けの転職サイトを紹介すると、

ニート
ニート
入れるわけがない・・・学歴もキャリアもない俺が・・・大企業に入れるわけがないんだ・・・

とか尻込みしちまう奴がいる。

キャリトレは確かに仕事ができるエリートサラリーマンの20代をターゲットに設計されてる。
でも、別にエリートしか登録できねえと決められてるわけじゃねえ。健康な20代なら登録できるし、別に20代じゃなくても登録できる(多分応募しても落とされるけど笑)

落ちこぼれでも努力すればエリートを超えられるし、何事もやってみてえことには始まらねえ。だから、金が欲しいとかキャリアアップしてえとか野心があるのなら尻込みしねえで登録してみてくれよな!

 

 

 

コメント