転職エージェントに会社選びを丸投げするのはぜってえダメだ!

転職エージェント・転職サイト

オッス!今回は転職エージェントの正しい使い方を紹介すっぞ!

リクナビエージェントとかマイナビエージェントとか、
転職エージェントはすげえ便利だ!

面接の日程調整とか、職務経歴書や面接対策のアドバイスとか(ぶっちゃけ必要ねえぞw)いろいろおめえのことをサポートしてくれる。

もちろんオラもリクナビ、マイナビ、DODAと有名どころは全部使ってきた。
でも、会社を選ぶのだけはエージェントに丸投げするのは絶対にやめたほうがいい。

スポンサーリンク

転職エージェントの裏側

転職エージェントに登録すると、
おめえに合った会社をいろいろ紹介してくれる。
でも、これらはおめえに合ってる会社だから、善意で紹介してくれてるわけじゃねえんだ。

ぶっちゃけて書くと、おめえに紹介してくれる会社は優良企業じゃなくて、
エージェントが売り込みたい企業だ。

転職エージェント側も商売だから、企業からお金を受け取って運営してる。
その金額は、内定一人につき数十万円とも言われてる。
さらに、エージェントをつけるとなるとかなり高いお金を払う必要がある。
オラたち求職者が1円も払わずに転職サイトを利用できるのは、企業がお金を払ってくれてるからだ。

つまり、転職エージェントのお客さんはオラたち応募者じゃなくて、お金を払ってる企業だってことを忘れんなよ!

転職エージェントは不人気企業に応募者を売り込む

そして、ここからが大事な話なんだけど、同じお金を払ってても、全然応募者が集まらない企業がある。
たとえば、A社はちょろっと広告を出すだけで100人募集が来ても、B社は2人しかこないとか、そういう不公平が発生する。

でも、A社もB社もエージェント側には同じお金を払った大事なお客さんだ。
だから、エージェントは何をするかっつうと、不人気のB社をおめえら転職者に猛アピールする。
応募がないと契約を打ち切られるから、エージェント側も必死になって不人気企業を勧めまくる。
「(全然応募がない)この会社は優良企業だし人気だからオススメですよ!」
みてえにな。

さらに、おめえが行きたい会社とかが特になくて、とりあえず転職だけしたい!と思ってたら要注意だ!
そういう奴はエージェント側には不人気企業を押し付けられる絶好のカモだから、わけわかんねえ会社を進めてくる。

もちろん、人気がないだけでまともな会社もあるけど、応募者が少ないってことは絶対何かよくないことがある。
ブラックだったり、給料安かったり、離職率が高いとか、訳あり企業が圧倒的に多い。

だから、一番大事な会社選びだけはぜってえにおめえ自身が決めることだ!
オラもエージェントに勧められるままに面接に行ったら、電通の鬼十訓みたいな社訓が貼ってあって、
社長の怒号がオフィスから聞こえてきたとか何回もあっぞ!

面接の練習とか、志望動機を考えてくれたりとか、転職エージェントはとても頼りになる存在だ。

でも、向こうも商売でやってるだけだから、おめえの将来が大きく影響する会社選びまで転職エージェントに丸投げするのは絶対やめた方がいい。

そこだけは、おめえ一人で考えて答えを出すのが一番だと思うぞ!

関連記事

就職ショップなら、ニートや引きこもりでもホワイト企業に就職できる!
就職ショップなら、ニートや引きこもりでもホワイト企業に就職できます。キャリアコンサルタントに確認したので間違いありません。
エン転職を使って実際に内定を獲得したときの感想
転職サイト「en転職」で何度も内定を取った私がくわしくシステムや成功するためのコツについて説明します。
green(転職サイト)を実際に使って内定を獲得した感想と評価
greenはIT(特にweb系)ベンチャーに非常に強い転職サイトです。掘り出し物の優良ホワイト企業もありますが、ハズレのブラック企業もそれなりにいるので注意しましょう。
リクルートエージェントを使ってみた感想を紹介すっぞ!
私は最初の転職でリクルートエージェントを使用しました。その時の感想を紹介します。
DODAのエージェントで昔ひどい目に遭った話
DODAのエージェントは熱心に指導してくれます。しかし、過干渉気味なので自由に転職活動したい人には向いていません。私も実際に使っていましたが、自分が希望する条件と異なる企業を紹介され、自力で獲得した内定を辞退するように迫られたことがあります。

 

コメント