転職エージェントに門前払いされたり会社の紹介を断られたら

転職エージェント・転職サイト

更新日

オッス!今回は転職エージェントに門前払いされた人について。

厳密に言うと転職サイトや転職エージェントは登録を拒んではいけないと法律で定められているから、登録自体は誰でも行うことはできる。

しかし、登録した後にメールや電話で、

キャリアコンサルタント
キャリアコンサルタント
もうしわけございません。〇〇様にご紹介できる求人が見つかりませんでした。

みたいなことを言われることがある。まあ、実質門前払いみたいなもんだな。

この記事では、転職エージェントに門前払いされたり会社の紹介を断られたときの原因と対処法を紹介すっぞ!

スポンサーリンク

転職エージェントに門前払いされる原因

 

まずは転職エージェントに門前払いされる原因を紹介すっぞ!

キャリア不足

エージェントに門前払いされる最大の原因はキャリア不足だ。
正社員として働いたことがなかったり、希望する職業に対する経験や資格がないと門前払いされる可能性が格段に高くなる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

正社員としての就業経験がないのですが、転職支援サービスを利用できますか?
はい、ご利用いただけます。
ただ、お預かりしている求人は、即戦力を求めるものが多いため、実務経験を重視する傾向にあります。
そのため、企業での正社員としての実務経験をお持ちでない場合、ご紹介の可能性は低くなりますので、あらかじめご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
引用:リクルートエージェント

このように、希望する職業に対するキャリアがなかったり、十分でない場合は、求人を紹介してもらえない可能性が高くなる。

たとえば、ITエンジニアの仕事に応募するときに、エンジニアとして働いた経験がなかったり、資格を持っていないと中途で採用してくれる可能性はほとんどないってことだ。

また、エージェントで紹介してもらう会社は

事務職
金融
営業
経理
IT

などのホワイトカラーな職業だけだ。肉体労働系の仕事は全くといっていいほど案件がないから、ハローワークなどへ行った方がいいぞ。

だから、キャリアや経験が少ないと転職エージェントから門前払いされる可能性がかなり高くなってしまうぞ!

年齢の問題

だけっども、キャリアが不足していても未経験可、経歴不問の求人はたくさんある。
さっきのITエンジニアの例でも、経験者だけじゃなくて未経験向けの求人を出してる会社もいっぺえあっぞ。

でも、未経験向けの求人は多くが20代、遅くても35歳未満までの年齢制限を設けていることが多い
そのため、35歳以上の人が未経験の職業に応募する場合、門前払いされる可能性が極めて高くなるってことだ。

実際、リクルートエージェントの公式サイトに、転職を成功させた年齢の比率が掲載されてるぞ。

グラフを見ると、35歳未満が84%を占めており、それ以上の年齢は全体の2割にも満たない

実際、30代後半からは実績があったり、管理職や役員として活躍している人材じゃねえと転職することは非常に難しいという現実があっぞ。

このため、35歳以上が転職エージェントを使うのは、経験職種以外ではおすすめできねえぞ。

職歴が汚い

 

空白期間があったり、離職歴が何回もあったりすると職歴が汚いという印象を与える。
転職エージェントはクライアントからお金を貰って経営してるから、できればそういう職歴が汚い人間を企業に紹介したくないと考えがちだ。
だから、そういう職歴が汚い人間は門前払いされる可能性が高いぞ。

職歴が汚いのは転職回数が何回からで空白期間は何か月から?
職歴が汚いという言葉をよく聞きますが、具体的に転職回数が何回から、空白期間が何回からが職歴が汚いとみなされるのでしょうか?

以前不義理があった

 

最後に、以前同じ転職エージェントを利用して

内定辞退した
面接や面談をドタキャン・遅刻など繰り返した

などの不義理があると門前払いされっぞ。ただ、キャッシングのブラックリストと違って他者同士で共有されることはない。

たとえば、DODAで門前払いされた人間がリクルートエージェントを利用することは可能だ。

ただし、同じグループが営業する別のエージェント(マイナビエージェントとマイナビ20など)の場合は情報を共有していると思われるから、そこだけは注意が必要だぞ!

エージェントから門前払いされたときの対処法

 

転職エージェントから門前払いされたときの対処法を紹介すっぞ!

別のエージェントを使う

転職エージェントから断られて真っ先に思いつくのは別のエージェントに登録する方法だ。

リクルートがダメならマイナビ、マイナビがダメならワークポート・・・

片っ端から転職エージェントに登録してみるとどこかは紹介してもらえるかもしれねえ。
特にワークポートとマイナビエージェントは若い人の転職に強いから、20代なら登録してみるのもいいかもしれねえな。

ただ、職歴が汚かったり、年齢的に問題がある場合はぶっちゃけどこのエージェントに登録しても同じだと思うぞ。

就職支援サービスに登録する

おめえがまだ若い(20代~30代前半)なら、就職支援サービスに登録するのもアリだ。
就職支援サービスは

学歴・経歴不問
書類審査なし

だから、職歴が汚かったり、正社員としてのキャリアが全くなくても会社を紹介してくれっぞ。

しかも、書類審査なしで実質面接を受けるだけで選考を受けられるから、普通に転職するよりもずっと簡単だぞ。

あとは就職shopなど、紹介する会社全部を訪問調査して、優良企業かどうか確かめてる素晴らしい就職支援サービスもあっぞ。

就職支援サービスは20代を対象としてるサービスで、9割が30歳未満だ。だけど、バイトでもいいからちゃんとした職歴があったり、やる気がある人間なら30代前半でも大丈夫だから、是非登録してみてくれよ!

↓↓↓今すぐ就職shopの面談を30秒で予約する↓↓↓

https://www.ss-shop.jp

公式サイトはこちら

転職サイトを使う

転職サイトはさっき書いたようにどんな人間でも絶対に登録できる。そこで、転職サイトに登録して、

未経験OK
年齢・学歴不問

などの求人を探してみるといいぞ。

オラのおすすめの転職サイトはリクナビネクストだ。リクナビネクストは求人数が多いから、おめえに合った会社を見つけることができっぞ!

↓↓↓今すぐリクナビネクストに登録する↓↓↓

https://next.rikunabi.com/

公式サイトはこちら

ハロワに行く

もしここまで書いたことを一通り試してもダメだったら、素直にハロワに行った方がいいと思うぞ。ハロワは日本国民であればだれでも利用できるし、
リストラされた人や高齢者向けの求人だってたくさんあっぞ。

あとエージェントや転職サイトはホワイトカラー向けの求人が多いが、ハローワークは土木関係や製造業などの現場作業が多めだ。だからそっちのキャリアがある人にとっては転職サイトやエージェントを使うよりもハロワがいいと思うぞ。

まとめ

 

エージェントを門前払いされる理由は

キャリア不足
年齢
職歴が汚い
不義理があった(ドタキャン・内定辞退など)

この4つのうち複数を満たしていることが多い。どれか一つだったら問題にならないけど、(不義理以外)2つ以上に当てはまると求人紹介を断られることが多いぞ。

対処法としては

別のエージェントに登録する
就職支援サービスに登録する
転職サイトで未経験向け求人を探す

この3つを行えばきっとうまくいくぞ。でももしダメだったらハローワークで頑張ってくれよな!

 

コメント