コロナウイルスで今すぐ転職したほうがいい業界・伸びる業界

転職について

更新日

オッス!今回はコロナウイルスと転職についてオラの考えを書いていくぞ!

スポンサーリンク

結論→転職検討中ならコロナ不況になる前に今すぐ行動を

この記事の結論として、もしおめえが転職を考えているのなら今すぐ行動を起こした方がいい。

今、世界はコロナウイルスによって未曽有の不景気が訪れようとしている。

特に、

観光業
運輸業

製造業
飲食業
接客業

などの外に出る系の業界や景気の変動を受けやすい業界は大打撃を受けている。

さらに、

公務員
マスコミ

広告業
団体職員(大学職員など)
エネルギー系
IT・WEB系

などのコロナの影響を受けにくい業界への転職は困難になる。

不況が長引くと中途採用は激減し、これらの人気業界に求職者は殺到する。すると、おめえが転職したくてもできなくなっちまう。

実際、オラの会社もWEB系なんだけど、親会社がコロナの影響をモロに受ける業界だからもってあと3か月の命だといわれてっぞwww

転職を考えているのなら今が最後のチャンス!

 

だから、もしおめえが転職をうっすらと考えているのなら、コロナ問題がこじれる前に絶対に行動を起こすことをおすすめすっぞ。

いきなりエージェントと面談するのが億劫なら、リクナビネクストtypeなどの総合転職サイトに登録して、スカウトメールを受け取っておくだけでも全然アリだ。

これからコロナ不況が本格的に起こるまでが最後のチャンスだ。

まずは転職サイトに登録してスカウトメールを受診するだけでいい。少しづつでも転職活動を始めてみてくれよな!

↓↓↓今すぐtypeに登録する↓↓↓
https://type.jp/
【30秒で登録完了】今すぐ登録する

以前猛威を振るうコロナウイルス

コロナウイルス問題は経済に悪影響を及ぼしている。
すぐに終息するとみられていたが世界中で感染が拡大しており、日経平均や為替レートなどが悪化しているぞ。

この影響により、東日本大震災やリーマンショックに並ぶ「コロナ不況」が起こると言われてっぞ!

もちろん、コロナは転職業界にも大きな影響を及ぼし初めている。
今はほとんどの企業の採用に影響はないみたいだけど、長期化すれば中途採用の数は激減することは間違いない。
だから、コロナで転職を考えているなら今がいちばんのチャンスだ。

これからコロナ問題が本格化して不景気が来たら、しばらく転職できなくなっちまうからな。

コロナの影響を受けない・逆に潤う業界もある

 

でも、コロナが蔓延しても世界が滅ぶわけじゃねえし、大部分の健康な人たちの生活は何も変わりない。
それに、コロナによって大打撃を受ける業界が出てくる一方で、コロナの影響を受けにくい業界もあるし、逆に潤う業界も誕生すると思われっぞ。
そこで、今回はコロナによって打撃を受ける業界と潤う業界を紹介すっぞ。

コロナで今すぐ転職したほうがいい業界

まずはコロナによって悪影響が出始めている業界について紹介するぞ。
これらの業界は転職で避けるべき、というかもう求人数が減っているところもある。

もしこれらの業界で働いていて、そろそろ転職を考えているのなら今すぐ行動を起こすことをおすすめすっぞ。

飲食業

 

飲食業はコロナの影響で売り上げが激減している。今街に出歩くとわかるけど、平日の夜でも繁華街はガラガラだ。
このような状況が長引けば確実に飲食業は大打撃を受ける、というかもう実害が出始めてるから見切りを付けるなら今のうちだぞ。

観光業

 

観光業も大打撃を受けている。国人観光客の減少に加え、日本人を入国制限する国まで現れたからな。
ただ、観光業に関してはコロナが終わったら再び盛り返すという見方もある。
でも、いつコロナ問題が終わるかわからないから、飲食業に並んで観光業も転職しない方がいいし、いまの職場に不満があるのなら辞め時だと思うぞ。

運輸業

おそらく一番コロナで打撃を受けるのは運輸業だろうといわれている。このままロックダウンが長期化した場合、アメリカの航空会社は全部潰れるみてえだな。JR東海も新幹線の利用客が8割以上減ってるらしいし、街には車もあまり走っていない。

もちろん、運輸業がヤバくなっても政府が救うだろうけど、今から転職したりするのは絶対にやめたほうがいいと思うぞ。

製造業

コロナでダメージを受けているのは日本だけじゃねえ。世界中が大混乱してるから製造業も大打撃を受けている。トヨタなどの自動車会社は工場のラインを大幅に減らしてっぞ。

オラにはトヨタで車の部品を設計してる友達がいるんだけど、そいつ曰く8割ぐらい生産量を減らしてるらしいぞ。

来店系の仕事

 

あとは飲食だけじゃなくて来店系の仕事も辞めた方がいい。たとえば、エステや脱毛サロンなどもコロナの影響で売り上げが激減しているらしい。
ほかにも百貨店とかお店に行かないと売り上げが立たないような仕事は本当にピンチみてえだぞ。

金融系

 

金融系はコロナで不況が起こった場合もろに影響を受けると思うぞ。前回のリーマンショックのころ、アメリカではホームレスになった証券マンが続出したらしい。
金融系は不況が起きたら終わりだし、もともとフィンテックの誕生でオワコンだと言われていた。
まあ、クレカとかペイペイとかキャッシュレスとかの業界は関係ないかもしれないけど、銀行とか証券とかで将来が不安なら思い切って辞めた方がいいと思うぞ。

コロナの影響を受けない・逆に成長する業界

 

では、コロナ問題と無関係OR逆に潤う業界を紹介するぞ。

マスコミ系

マスコミなどのメディア系はコロナで今かなり儲かっている。国民が在宅になってヒマだからテレビとかの視聴率は上がっているからな。

全体的な不況でも潤ってる産業が広告を出すからあまり影響を受けないしな。

広告系

広告系はコロナの影響を多少受けるだろうけど致命傷は受けないと思うぞ。なぜならさっき書いたように潤っている業界が存在する限り広告を打ちたい会社は一定数存在するからな。

インターネットの広告を見てみても、たしかに飲食店の広告は減っているが動画見放題の広告は増えてる。だから広告業界はコロナになっても安泰だと思うぞ。

公務員・団体職員

公務員や団体職員は不況時の転職先の王様だ。前回のリーマンショックのころは村役場の求人倍率が100倍を超えたらしい。
原発が爆発しようが、戦争で負けようが、宇宙人が攻めてこようが、日本という国がつぶれる心配は全くない

だから、公務員や団体職員、大学職員などの公的機関の従業員はコロナウイルスが来てもヘッチャラだし、何が起きても気分はへのへのカッパだ。

公務員・団体職員の転職は今がチャンス!

 

これから不況になれば大学職員や公社などの団体系への中途採用は狭き門になる。
おそらく数百倍以上の難易度になるから、まだ求人倍率が下がっていない今のうちに転職することをおすすめすっぞ。

インフラ系

石油や電力関係などのインフラ系の仕事は景気の影響を受けない。だから、コロナを見越して転職活動するならインフラ系の仕事がおすすめだ。
過去のリーマンショックや大震災のころでも、インフラ系に求職者が殺到した。たしかオラの記憶では新卒の倍率が数百倍だった気がすっぞ。

これから不景気に突入したらインフラ系に転職したくてもできなくなる可能性が高い。

インフラ系・エネルギー系に転職を考えているのなら、今のうちに応募しておいた方がいいと思うぞ。

IT系

 

IT系も不況に強い職種の一つだ。中でもインフラ系とか手堅い系のIT企業は不景気の影響を受けない。あとコロナの影響も全く受けないからおすすめだ。
インフラ系と同じく前回の不況ではITに求職者が殺到したから、転職を始めるのなら今のうちだと思うぞ。

 

Eコマース系

 

楽天やAmazonに代表されるようなEコマース系の仕事もコロナによって潤う業界だ。
家に出なくても買い物できるから、Amazonや楽天なんかは今めちゃくちゃ儲かってるはずだな。

もちろん、楽天やYahoo!、ゾゾタウンだけじゃなくて、もっと小さい企業なら探せばたくさんある。

ネットショップなどのEC業界はこれからも発展するから、転職を考えているのならおすすめだぞ。

娯楽系

ゲーム・漫画・映像配信などの業界もコロナの影響を受けない。というか在宅勤務がこれから増えるから暇つぶし系の業界は急成長すると思われるぞ。
似たようなことをホリエモンも昔から言ってるしな。さらにこれらの会社は在宅勤務OKの企業も多いから転職すれば出社しなくても良くなる可能性すらあるぞ。

まとめ

これからコロナのせいで不況がくる恐れがある。不況になったら企業は中途採用を控えるから、転職したくてもしづらい時代が到来すっぞ。
もし、おめえが転職を考えているのなら今すぐに行動を起こした方がいい。不景気がきて転職できない状態になって後悔しても遅いからな。

転職サイトを眺めておくだけでも効果あり!

ただ、ぼんやりと「転職したいな~」  と考えているだけだと一生行動を起こすことはできない。ぼやぼやしてるとコロナ不況で転職が困難になっちまうんだけど、いざ転職するとなると結構面倒だ。

そこで、いきなり行動を起こすのが億劫なら、リクナビネクストtypeなどの総合転職サイトに登録して、求人だけでも眺めておくだけでも全然アリだ。

スカウトメールも毎日のように届くからよさそうな会社がすぐに見つかるぞ。

↓↓↓今すぐtypeに登録する↓↓↓
https://type.jp/
【30秒で登録完了】今すぐ登録する

 

エージェントで今すぐ転職を

転職エージェントにお願いすれば、かんたんにおめえが希望する会社を見つけてもらうことができる。
オラもオラの友達も、リクルートエージェントで望み通りの会社を見つけることができた。

さらに、リクルートエージェントは現在コロナ対策で電話面談OKになってるんだ。

今まではキャリアコンサルタントと対面して面談しないと紹介を受けることができなかったけど、2月から電話だけで紹介してもらえるようになった。

電話一本でおめえが希望する会社を紹介してくれるからとても便利だぞ。

繰り返すけどコロナ問題がこのまま就職しなかった場合、転職市場は確実に冷え込む。転職を考えているのなら今が最後のチャンスだと思ったほうがいい。

リクルートエージェントに電話して、今すぐ転職活動を始めてみてくれよな!

【電話面談だけでOK!】今すぐリクルートエージェントの面談に申し込む【対面不要!】
https://www.r-agent.com/
【30秒で完了】今すぐ面談に申し込む

追伸

 

一応言っておくが別にオラはおめえに今すぐ転職しろと煽ってるわけじゃねえ。ただ、転職をすこしでも検討してるなら、いずれ来るであろう不況のせいで転職できなくなる前に行動を起こせといってるだけだ。

もしコロナ不況が来たらしばらく転職できねえし、できたとしても年収などの待遇は確実に悪くなる。

リクナビtypeなどの転職サイトに登録だけして、スカウトメールを受け取っておくだけでも全然違うと思う。

 

ためらっていても状況は悪くなるばかりだから、ぜったい登録してみてくれよな!

↓↓↓今すぐtypeに登録する↓↓↓
https://type.jp/
【30秒で登録完了】今すぐ登録する
転職について
スポンサーリンク
シェアする
転職サイヤマン|空白期間ありのニートやフリーターでも高収入ホワイト企業に就職する方法

コメント