転職で失敗する人の特徴

転職について

更新日

オッス!今回は転職で失敗する人の特徴と成功する人の特徴を紹介すっぞ!

スポンサーリンク

転職で失敗する人はこんな奴

まずは転職で失敗する人の特徴を書いてくぞ!当てはまったら要注意だ!

転職理由がうまく説明できない

まず、転職で失敗する人で一番多いのは離職理由をちゃんと説明できねえ奴だ!

なんで今いる会社を辞めて、この会社を志望するのかは、転職の面接では絶対に質問される。

この答えにうまく答えられないとまずうまくいかないと考えた方がいい。

あと、転職理由が明白でも、人に説明するのが憚られる理由

仕事ができずについていけなくなった
楽な会社に行きたかった等

の場合も、ちゃんと面接官を納得させられるような答えを考えた方がいい。

例えば、体育会系の職場に馴染めなかった→合理的で知的な社風で働きたかったので、御社のような意思決定がロジカルな会社を志望します

とか、うまい感じで言い換えるのがいいぞ。ただ、企業側もある程度おめえの本音を聞きたいと思ってるから、全部作り話じゃなくて、事実をストーリー風に語る感じがいいと思うぞ!

行きたい会社がない(なんとなく辞めたい)

次に多いのは転職したい会社がないのになんとなく辞めたい場合だ。

これはオラの友達も二人ぐらいなんとなくで会社を辞めて転職してたけど、なかなか次の会社は決まらなかった。

やはり、企業側としてはなんとなく転職したいとか考えてる浮ついた奴より、しっかりとした動機がある人材を採用したいと思ってる。

だから、

どの業界
どの業種
どんな仕事内容
どんなキャリアを積みたいか
どんな環境ではたらきたいか

というようなビジョンをしっかりと持つことがぜってえに必要だぞ!

スキルや実績がない

次に、十分なスキルや実績がないと転職に失敗しやすい。

中途採用は第二新卒以外即戦力しか採用されない。だから未経験でもできる仕事以外、優秀な人材でねえと結構苦労すっぞ!

十分なスキルとは、求人欄に書かれている

法人営業の経験○年以上 

という経験だけじゃねえ。

どういう仕事をどのようなプロセスで行い、どんな成果をあげたのか説明できる必要があっぞ!

もちろん目立った成果がない場合とか、事務作業みたいな結果をアピールしにくい仕事でも、どんな考えで仕事に取り組んできたのかを説明しねえと転職するのは厳しいぞ!

自分を過大評価しすぎている

自分を過大評価しすぎて、ハイレベルな求人ばかりに応募するやつもなかなか転職が決まらねえ。

同じような待遇の会社を10社ぐらい受けてみて、全く手応えを感じなかったら、それはおめえが自分を過大評価しすぎてるせいかもしれねえ。

だから、こんな時は年収とか仕事のポジションのランクを少し落として転職した方がいいかもしれねえな。

オラも年収が高いハイクラス求人ばかり受けてたけど、なかなか内定が出なかった。

最後に希望する年収の企業に受かったけど、そこは超絶ブラックで三年以内離職率100%の会社だったぞ。

このように、お金やステータスばかり気にしてると過大評価しがちになって足元をすくわれることがある。

何も欲を出すなと言ってるわけじゃねえが、お金だけじゃなくて社風とかはたらきやすさとか、もっとおめえに合った転職先を探した方が失敗しにくいぞ!

まとめ

転職で失敗しやすいやつは

辞める理由をうまく説明できない
何となくで転職している
志望動機をうまく説明できない
自分を過大評価しすぎている

などの特徴があっぞ!一言で表すのならば準備不足ってわけだな!転職はメリットだけでなくリスクもあるから、ちゃんと準備してからやった方が失敗はねえぞ!

転職について
スポンサーリンク
シェアする
転職サイヤマン|空白期間ありのニートやフリーターでも高収入ホワイト企業に就職する方法

コメント