転職では一度に何社応募すべきか?

転職について

更新日

オッス!今回は、転職では一度に何社応募したほうがいいのかについて説明していくぞ!

スポンサーリンク

転職では一度に応募するのは3社~5社ぐらいまでにしよう

結論から言うと、転職では一度に応募するのは3社~5社ぐらいがいいぞ。
転職は働きながら続けなきゃいけねえから時間が足りねえんだ。
だから、大学生の就活みてえに何十社とか応募するとわけがわかんなくなっちまう。

一社当たりにかけられる時間がすくなくなっちまうから、履歴書とか職務経歴書とかも適当になりがちになっちまうんだな。

志望動機を考えるのが面倒

複数応募した時に一番困るのは志望動機だ。
適当にエントリーした企業の志望動機なんか一々考えてられねえ。

企業側から見ると、適当に応募してくる奴だってバレバレだから、結局どこも受からないなんて最悪のケースも考えられるぞ。

それに何個も内定をもらったって、結局就職できる会社は一つだけだからな。

だから転職の場合はすごく気に入った会社を3個ぐらい選んで応募するのが一番だぞ!

切羽詰まっている場合でも妥協しない

だけっども、そうは言ってらんねえ場合も多々ある。
たとえばおめえが失業中だったり、すぐに転職しねえといけねえ理由がある場合だ。

でも、こういう場合もちょっと冷静になってほしい。
もしおめえが切羽詰まってて、適当に応募した会社に適当に受かったとするぞ。
でも、そんな適当に入った会社なんか、また適当に辞めちまうのは目に見えてんだ。

何回も転職してるオラが言えたもんじゃねえけど、会社選びだけはきちんとやったほうがいい。
年収とか社風とか、仕事内容とかをじっくり調べて、おめえが行きたいと思った会社に応募してみるのが一番だ。

ただ、もちろんそれはおめえの希望であって、選考を潜り抜けて無事内定がもらえるかどうかはわかんねえ。
だから、何社か第二志望、第三志望の候補を見つけて、同時に応募するのは悪いことじゃねえ。
ただ、その時も何十社も適当に応募するんじゃなくて、おめえの第一志望と似たような条件の求人を5社ぐらい選んで、保険として同時応募するぐらいにとどめておいた方がいいぞ。

転職するときは焦らずに同時応募は5社までを守ろう

中途採用の場合、枠がすくねえから中々希望する会社に受からないことがある。
一個か二個しかない枠に、転職サイトとかを見てたくさんの奴が応募してくっから、これは仕方ねえ。
中には高学歴でとんでもねえキャリアを積んだ、ほんとにすげえ奴もいるからな。

でも、なかなか転職先が決まらないからと言って焦っちゃだめだ。
このご時世、仕事なんて妥協すればいくらでもある。
だからこそ、おめえが心から納得できる職場を選んで転職すべきだと思うぞ!

関連記事

休職中の転職は正直に話すべき?
企業や転職エージェントに休職中であることを正直に打ち明けると採用率がガクンと落ちる恐れがあります。
転職で業界研究や企業研究はする必要があるのか?
転職活動において、業界研究や企業研究はあまり意味はありません。もちろん世間一般の常識的な知識は必要ですが、独学で勉強しても役に立たないことがほとんどです。
転職費用はいくらかかる?捻出する方法+節約する方法を紹介
転職費用は交通費などを中心に毎月数万円以上かかることもあります。この費用を節約する方法などを説明します。
転職時の年収を絶対アップさせる交渉術
企業から提示された年収に納得しない場合、交渉して年収をアップする方法を紹介します。
転職について
スポンサーリンク
シェアする
転職サイヤマン|空白期間ありのニートやフリーターでも高収入ホワイト企業に就職する方法

コメント