転職を成功させるためには「実績」をアピールしろ!

転職について

更新日

 

オッス!今回は転職を成功させるたった一つの方法を紹介すっぞ!

スポンサーリンク

転職を成功させるためには実績をひたすらアピール

転職を成功させるには、おめえが今の会社で積み重ねた実績をアピールするしかねえ。
ここでいう「成功」とは、
ブラック企業からホワイト企業への脱出
年収アップ
希望の職種へのキャリアチェンジ
などを指すけど、どの成功も実績をきちんとアピールできれば絶対に達成できる。

実績をアピールしないと転職に成功できない!

まず、そもそも企業がなぜ中途採用で人材を雇うのか。それは欠員を補充するためだ。
前任者が辞めたり、社員を教育する余裕がなかったりしたときに企業は中途採用の募集を始める。

欠員募集の場合、求人数も一人~数人程度のことが多い。

さらに、人気企業の場合はただでさえ枠が少ないうえ、応募者が殺到するからいきなり即戦力でも通用する優秀な人材しか採用されねえってことだ。

だから、おめえが行きたいと思った企業への転職を成功させるためには、即戦力で十分通用するということをアピールする必要がある。

つまり、今までおめえが積み上げてきた、輝かしい「実績」を重点的にアピールすればでえじょうぶってことだな!

転職成功のための具体的なアピール方法

では、ここからは転職成功のための具体的なアピール方法を紹介すっぞ!

輝かしい実績がある場合は実績のみをアピール

まず、おめえが本当に有能な人間で、アピールできる実績がある場合。

この場合は実績をそのままアピールするだけでいいから非常に楽だ。
長所とか短所とか余計な情報は極力省いて、転職先の企業に関連するおめえの功績(営業の新人記録を塗り替えたとか、売り上げを20%アップさせたとか)だけを職務経歴書に書けばいい。あとは、「御社でもさらに実績を上げ続け、売上アップに貢献していきたい」とやる気アピールでもしとけばOKだ!

これで同じ職種間の転職(たとえば営業→営業の転職)なら確実に成功できるし、大幅な年収アップだって夢じゃねえ。

未経験や異業界の場合は動機づけなどを丁寧に書いたほうがいいけど、実績のほうが絶対に大事だから重点的にアピールするんだぞ!

あまり目立った実績がない場合

では、あまり目立った実績がない場合はどうすりゃいいんだ?
ほとんどの人間が自慢できるような実績なんか持ってねえはずだ。
それに、事務職とか目立った功績を上げづらい職種だってある。

でも、そんな時でも何かアピールできることはないか必死で探して見れば、意外とアピールできる項目は見つかるはずだ。
たとえば、事務作業でミスしやすい作業を見つけ、マニュアルを作ったとか、○○の会議で積極的に発言して、おめえの意見が採用されたとか、
新人研修でリーダーだったとか、探せば何か一つはぜってえにあるはずだ!

転職においてアピールできる実績があるのとないのとでは結果が大きく違う。
特に年収アップとか、待遇のいい企業で働きたいと考えるのならなおさらだ!

だから、何を実績としてアピールするかはよく考えたほうがいいぞ!

実績を起点にしてストーリーを作る

最後に、おめえがアピールする実績からストーリーを作る。
これは一言で言うと、実績から逆算して、おめえの人格や価値観をデザインし、職務経歴書を作るってことだ。

たとえば、事務作業でミスしやすい作業を見つけてマニュアルを作ったという実績をアピールする場合、
普段から細かいことに気を配り、周りが円滑に作業で来ているかを常に把握して仕事をしていた

みたいな人格を作ってしまうんだ。あとはこの人格に合わせて志望動機や長所、短所なんかを作っていく。
選考では短い時間でおめえの人格をアピールしなきゃなんないから、実績を起点にして他の項目をまとめると
非常に説得力が強く、一貫性のある職務経歴書が完成しやすい。
もちろん一貫性が高い職務経歴書を作れれば書類選考を通過する確率も高くなり、転職に成功する可能性も大幅にアップすっぞ!

まとめ

転職に成功するのなんか簡単だ。
企業が欲しいと思うような人材になればいいだけだからな。
そして、企業が最も欲しい人材は即戦力で優秀な人間=実績を挙げた人間だ!
だから、このサイトでは何回も言ってっけど、転職活動ではまず最初に実績をアピールするのが一番効果的なんだ!

会社の売上をアップさせたようなすげえ実績があれば一番いいけど、人様に自慢できるようなことじゃなくてもOKだ!
何か実績を無理やりにでも探して、そこをアピールしていくしかねえ。ただ、この場合は実績だけでアピールするのは弱いから、
実績を元にして一貫性のある人格をデザインして職務経歴書を作っていくぞ!

まあ、ここまでやれば必ず転職に成功できっから、是非試してみてくれよな!

関連記事

https://www.tenshoku-ikasama.jp/post-539/


面接での短所と長所の正しい答え方
面接で長所と短所を質問されたら、無理に上手く答えようとせず、ありのままに正直に答えたほうがうまくいきます。

https://www.tenshoku-ikasama.jp/post-329/

転職について
スポンサーリンク
シェアする
転職サイヤマン|空白期間ありのニートやフリーターでも高収入ホワイト企業に就職する方法

コメント