休職中の転職は正直に話すべき?

転職について

更新日

オッス!今回は休職中の転職活動について説明すっぞ!

スポンサーリンク

休職中であることを転職するときに告げると採用率が激減する

結論から言うと、転職するときに休職中であることを企業に知られてしまうと、採用される可能性が著しく低くなる恐れがある。

これは、採用する企業側の立場になってみればわかることだ。

休職する理由はいろいろあっけど、大抵はストレスなんかで精神をやられたことが原因だ。
入社してすぐ再び休職されたら困るし、精神を病んだ人材なんか雇いたいと思う企業なんかどこを探したってねえ。

もちろん、良心的な会社もあるけど、入る前から精神を病んでいる人材を採用する理由ははっきり言って1つもない。

企業もボランティアで営業しているわけじゃないんだから、なるべく健康な人材を採用したいはずだ。

それに、募集要項をよく見ると

心身ともに健康な男女

と書かれている企業も存在する。つまり、休職中に転職していることを応募先の企業に知られた場合、採用してくれない企業も少なからず存在するってことだな。

休職歴は転職先の会社にバレる?

休職していることは、自分から申告しない限り転職先の会社にはバレることはまずありえねえ。今時探偵を雇ってるところもねえし、そもそも病歴は立派な個人情報だから違法なことをしない限り休職中であるという証拠を見つけるのは難しいぞ。

もちろん病院の通院歴とかもバレねえから、こちらから休職中であることを自己申告しない限り、会社にバレることは絶対にないぞ。

面接での答え方

では、休職中に転職する場合、面接で転職理由を聞かれたときどう答えればいいのか。

転職について
スポンサーリンク
シェアする
転職サイヤマン|空白期間ありのニートやフリーターでも高収入ホワイト企業に就職する方法

コメント