転職で業界研究や企業研究はする必要があるのか?

転職について

更新日

オッス!今回は業界研究や企業研究について説明すっぞ!

スポンサーリンク

業界研究や企業研究は転職ではあまり評価されない

転職では詳しい業界研究や企業研究はあまり意味がない。

業界についてネットや本で勉強しても、実際に働くとなったらもっと実践的な知識が絶対に必要で、教科書通りの業界知識なんか何の役にもたたねえことが多い。
これはおめえが会社で働いてればわかると思うけど、本に書いてあることとかなりかけ離れた労働環境に、新卒のころとかビックリしてたと思う。

だから、ほとんどの企業はそういった専門知識は入社した後で身に着ければいいと考えてる。

特に忙しい中途採用の場合はなおさらだ。
新卒では知識を得る努力の姿勢が評価されるかもしれねえが、中途採用では姿勢じゃなくて実績とスキルが求められっから、転職前に付け焼刃で企業研究とか業界研究しても無駄だ!

中途半端な知識はあまり役に立たねえぞ!

必要最低限の業界知識、企業知識は身に着けておこう

業界研究とか企業研究が重要になってくるのは大体が未経験業種の場合だ。
この場合、なぜうちの会社を選んだのかという「本気度」を気にする企業もある。

特に第2新卒の場合はその傾向が強く、新卒の頃みたいに業界研究したほうが有利に働くこともある。

そういう時、全く業界や企業の知識がないと少し困ったことになる可能性があっぞ!
だから、最低限の知識だけは身に着けておいたほうがいい。
もちろんがっつり勉強するんじゃなくて、ウィキペディアで調べたり、面接の前までに企業のHPを確認したりするだけでいい。

たったこれだけでもやったからやらないかではかなり大きい。なぜなら、
おめえ以外のライバルは業界研究なんかほとんどしてねえからだ。
みんな会社が嫌になったとか適当な理由で転職活動して、適当になんとなく目に留まった求人に応募してる。
だから、面接前に企業のHPを見ておくだけでも、意外と他の応募者と差がつくぞ。

まとめ

業界研究とか企業研究は、必要最低限の知識さえあればいい。
ただ、第2新卒の転職とかは気にしてる企業もあるから、そういう時は会社のHPぐらいは一読しておくことをお勧めすっぞ!
中にはHPに業界や仕事について詳しく説明してくれてる会社もあっから、是非確認してみてくれよな!

関連記事

休職中の転職は正直に話すべき?
企業や転職エージェントに休職中であることを正直に打ち明けると採用率がガクンと落ちる恐れがあります。
転職費用はいくらかかる?捻出する方法+節約する方法を紹介
転職費用は交通費などを中心に毎月数万円以上かかることもあります。この費用を節約する方法などを説明します。
転職では一度に何社応募すべきか?
転職の際には、一度に何社応募すればいいのでしょうか?新卒のように何十社も応募するとわけが分からなくなるので、一度に応募するのは3社から5社がベストです。
転職時の年収を絶対アップさせる交渉術
企業から提示された年収に納得しない場合、交渉して年収をアップする方法を紹介します。
転職について
スポンサーリンク
シェアする
転職サイヤマン|空白期間ありのニートやフリーターでも高収入ホワイト企業に就職する方法

コメント