転職活動が疲れたと思ったらこれを読め!全部うまくいくぞ!

転職について

更新日

オッス!今回は転職活動に疲れたと思っている人のためにアドバイスすっぞ!

スポンサーリンク

転職活動がなぜ疲れるのか?

 

転職活動がなぜ疲れるのか?
それはなかなか内定が決まらないからだ。

だから、内定を早く獲得できるようにすればそもそも疲れなんか感じることはない

内定が決まらない原因はいくつかある。

高望みしすぎ
スキルや経験不足
書類に不備がある
面接力が足りない

などが挙げられっぞ。

このブログではそれぞれの対策法もきちんと書かれているから、何か心当たりがあるのならその記事をチェックしてみてくれよな!

面接
「面接」の記事一覧です。
履歴書・職務経歴書について
「履歴書・職務経歴書について」の記事一覧です。

転職活動をなるべく疲れないようにする方法

 

内定が決まらないという精神的な問題のほかにも、転職活動が疲れる原因はある。
まず一つ目は書類提出や企業とのやりとりだ。

これは一度テンプレートを作って、企業名だけ置換するようにしておいたらいい

オラは履歴書は基本写真ごとカラーコピーで使いまわしてたし、
職務経歴書も全部使いまわしていた。こんな適当でもほとんどの企業の書類選考には通過していたぞ。

応募する会社を絞る

 

次に、転職活動で疲れないようにするためには応募する企業を絞った方がいい。
内定が出ないことを恐れて何十社もエントリーしても書類提出と日程管理に追われるだけだ。

それに、冷静に考えると自分が本当に行きたい会社なんて何十社もあるわけがない。
何より企業側も志望度が低いのに面接とか一々やってたら迷惑だ。オラも一度滑り止め感覚で面接に行ったら社長にメチャクチャ怒られたぞ。

当時ははらわたが煮えくり返るほど頭に来たけど、後から考えてみるとその社長がキレたのも無理はないと思う。

だから、企業選びではなるべく妥協せずに、自分が心の底から応募したい会社だけに絞った方がいいぞ。
オラの目安ではだいたい3社~5社、多くても10社までにはとどめておいた方がいい結果がでやすいな。

面接は一日一回

 

あと、面接は一日一回づつこなしたほうが疲れにくい。一日に3つも4つも面接を入れると頭の中がグチャグチャになって何を話していいかわからなくなってしまう。

また、直線距離ではそんなに時間がかからなくても電車を使うと結構時間を取られたりで遅刻してしまうリスクも高くなる。

このように、無理なスケジュールで面接を組むと非常に疲労しやすくなるから、なるべく一日一回にした方がいいぞ。
一回一回の面接で実力を出し切るようにすれば疲労も少ないし、パフォーマンスも向上するから内定が出やすい。

そのため転職活動自体もうまくいくことが多いと思うぞ。

転職活動に疲れないようにするために

 

最後に、転職活動で疲弊しないようにするために最もいい方法は転職エージェントを使うことだ。
エージェントを使うと、おめえが希望した会社を選んでくれるだけでなく、

書類の提出代行
面接のスケジュール管理
面接対策・職務経歴書の添削

などの面倒な作業を全部無料でやってくれるぞ。
そして何より、エージェントはおめえが受かりそうな企業しか基本的に紹介してくれないという特徴がある。

おめえにとって内定が出やすい会社しか応募することがないからなかなか転職先が決まらず疲れることがないということだな。

オラも初めての転職ではリクルートエージェントに登録したけど、一か月ぐらいでホワイト企業に内定が出たぞ!

リクルートエージェントは20万件以上の豊富な求人の中からおめえに合った会社を選んでくれるから、ミスマッチも起きねえし、どんな職種・業界でもまんべんなく対応できっぞ。

↓↓↓今すぐリクルートエージェントの面談に申し込む↓↓↓
https://www.r-agent.com/
【30秒で完了】今すぐ面談に申し込む

まとめ

 

転職活動でなかなか内定が出ないと疲れやすい。
でも、応募する会社を絞ったり、効率よくスケジュールを組めば疲れにくくはなる。

また、エージェントを通すと面倒な作業を全部代行してくれるからそもそも疲労することがほとんどないぞ。
1人でやるより何十倍も効率的だから、もし転職活動に疲れて心が折れそうなら絶対に登録すべきだぞ!

↓↓↓今すぐリクルートエージェントの面談に申し込む↓↓↓
https://www.r-agent.com/
【30秒で完了】今すぐ面談に申し込む
転職について
スポンサーリンク
シェアする
転職サイヤマン|空白期間ありのニートやフリーターでも高収入ホワイト企業に就職する方法

コメント