転職するとき適性検査は重要視される?

転職について

更新日

オッス!今回は転職するときにある適性検査について説明すっぞ!

スポンサーリンク

転職では適性検査はあまり重要視されない

結論から言うと、転職の場合は適性検査はあまり重要視されることはねえぞ。

なぜなら、転職は新卒採用と違って即戦力を求めてるからだ。

適性検査はそいつの潜在能力がどれだけ高えかをテストで判断する。新卒採用なら検査で見込みありの新人を教育して使えるようにすればいい。

でも転職の場合だと一から教育する余裕なんか企業にはねえから、すぐに使える有能そうな奴を採用する。

わかりやすく例えると、適性検査0点のベジータと適性検査満点のヤムチャなら、企業はベジータを採用する可能性が高いってことだ。

逆を言うと、適性検査で高得点をたたき出しても採用されるとは限らねえってことだ。
オラも昔ある会社の面接で、

企業
企業

おやおや、誤空さんの適性検査の得点、私を超えてしまっているようですねえ・・・

と社長直々に言われたことがある。

でも、結果は即日で不採用だったぞ!これはオラの潜在能力を恐れて、将来会社を乗っ取られることを危惧して落とされたに違いねえな!

逆に、適性検査が全然できなくても受かったことなんて何度もある。

このように、転職においては適性検査はあまり重要でなく、点数が著しく悪くなければ不採用になることはまずないといってもいい。

とくに中途採用の場合は適性検査がない会社も多いぞ!オラの体感では半分以上は試験なしで面接のみだったな。

とにかく、適性検査の点が良かったからといって、それだけで採用されることだけは絶対にねえから、対策もほどほどにな!

大手なら適性検査を足切りに使うところもあり

中小やベンチャーは適性検査がないところも多い。でも大企業の場合、足切りとしてペーパーテストを使ってるところもあっぞ!

あと、インフラ系や大学職員、団体職員などの公務員系のお堅い職業の場合は適性検査を重視しているところもある。もちろん、こういった場合は新卒と同じように適性検査ができねえと不採用になるから入念に対策してほしい。

適性検査を重視してるかそうでないかはvokersとか転職会議とかの口コミサイトでチェックするといいぞ。

でもまあ、新卒の頃のSPIとかがまあまあできるレベル(時間内にそこそこ回答が埋まるレベル)だったのなら対策しなくていい。

少なくとも、適性検査で足切りがある企業もあくまでも足切りとしか使ってねえから心配する必要はなんもねえぞ。

中途採用で適性検査する企業はろくなもんじゃねえ

中途採用で適性検査を設けている企業はオラはでえっ嫌いだ。

おめえら一体なんのために試験なんかさせてんだ?中途採用なんだから、即戦力が欲しいんだろ?じゃあ一般常識のテストなんかいらねえはずじゃねえのか?

こんな応募者の時間を奪うような採用手段を使っている企業はろくなもんじゃねえ。

オラ
オラ

とっとと潰れちまえーっ!!!

 

転職について
スポンサーリンク
シェアする
転職サイヤマン|空白期間ありのニートやフリーターでも高収入ホワイト企業に就職する方法

コメント