教師から民間企業に転職するのは簡単?

転職について

更新日

 

オッス!今回は教師から民間企業に転職する方法を紹介すっぞ!

スポンサーリンク

教師は民間企業から引く手あまた!転職も簡単!

結論から言うと、教師から民間企業に転職するのは簡単だ!
なぜなら、教員というだけで頭が良く、真面目な印象を持たれやすいからだな。

実際、転職サイトに登録して民間企業に転職しようとする教師も最近増えてるって、オラが毎日目を通してる東洋経済っちゅう雑誌にも書いてあったぞ!

出典:東洋経済オンライン・学校教師の転職サイトへの登録が急増するワケ

前に書いたけど、教師は労働時間が長く、ストレスも多い過酷な職場だ。だから耐えきれずに辞めていく若い教師が多いって話だな!

教師はストレスが多く労働時間も長いブラック職種!
教師は労働時間が長く非常にブラックな仕事です。両親が教師だった私が現実を紹介します。

それに、教員免許があるだけで優遇される求人も実際にある。
これは塾講師とか教科書の販売会社などの教育業界に限られっけど、これだけでも転職上非常に有利だ。

だから、毎日部活の指導とかクソガキどもの世話に疲れて鬱になりそうだったら、思い切って転職してみるのもアリだぞ!

教師から教育関係企業への転職はやめたほうがいい

かといって、教師が教育関係に転職するのはやめたほうがいい。
たしかに、先述の通り塾講師とかは教員免許があると簡単に転職することができる。

でも、塾講師は教師の100億倍ブラックだ。塾講師は基本使い捨ての下級戦士だから、立場が保証されてない教員みたいな感じだぞ。
あと教科書の販売業とかの教育関係は総じてブラックだ。オラの知り合いにも教科書関係の仕事をしてる人がいるけど、毎日夜の11時ぐらいまで働かされてるらしいぞ!

ていうか教育産業自体、少子高齢化でオワコンが激しい業界だ。
教師を辞めて転職するなら、全く別の業界にチャレンジしてみるのがいいかもしれねえな!

転職では教師としての経験をうまくアピールする必要がある

教員の世界はちょっと特殊だ。まず成果主義じゃねえし、おめえ一人でクラスの生徒の面倒見ねえといけねえから、基本的にチームワークも必要ねえ。
上下関係もゆるいし、大人同士のコミュニケーション力が意外とつきにくいのが教員の世界だ。
オラの父ちゃんも机とかグチャグチャだし、会議とかも居眠りばっかしてるらしいし、教育委員会に出す提出物とかも全然だしてねえ。
業界にもよるけど、お堅い系の民間企業(金融系とか古い体質の会社)だったらとっくにクビになってるかめちゃくちゃ怒られてるぞ。
でも、こんなんでもちゃんと学級さえ運営していれば評価されるのが教員なんだ。
民間企業のサラリーマンとはかなり環境が違うから、面接対策も入念に行う必要があっぞ!

教員から未経験の職業に転職する場合、いかに教師としての経験をその職業に活かせるかアピールする必要がある。
生徒に指導してきたのでコミュニケーションが高いとか、授業で培ったプレゼンテーション力がどうとか、おめえが民間企業でもやっていけることを企業にちゃんとうまく伝えねえとダメだ!

まあ、こんなことを一人で考えるのも限度があるし、民間へ転職を考えてる同僚も多分救ねえと思うから、誰にも相談できねえと思う。
だから、転職エージェントとかに登録して、一緒に対策していくのが一番いいかもしれねえぞ!

転職について
スポンサーリンク
シェアする
転職サイヤマン|空白期間ありのニートやフリーターでも高収入ホワイト企業に就職する方法

コメント