webライターに未経験から転職する方法

転職について

更新日

オッス!今回はwebライターに転職する方法を紹介すっぞ!

スポンサーリンク

未経験でいきなりwebライターになれない!

webライターは完全に実力の世界だ!だから、転職で未経験のライターを募集してる企業はない。

そのため、最初はクラウドワークスとかの外注ライターとして経験を積むことになる。

ただ、外注ライターで初心者の場合、もらえる報酬はすっげえ安い。

だいたい一文字0.5円から0.75円が相場だな。

一万文字書いてもらえるお金はたったの5000円から7500円ぐえれだ。

だから、はっきり言って未経験がライターとしていきなり食っていくだけのお金を稼ぐのは無理がある。

おめえが文章を30万文字ぐらい書ければ問題ねえけど、記事を書いたこともない素人がこれだけの文章量をコンスタントにこなすのは無理があっぞ!

ライターを募集しているクラウドソーシングサイト

ちなみに、外注ライターの登録をするときはクラウドソーシングサイトを利用する。

この3つが代表的だな。ここで未経験でもできるライターの仕事を探してみるといいぞ。最初は単発で単価も非常に安い仕事しか採用してもらえねえけど、実績を積んで信頼を上げれば次第に報酬も大きくなっていくから頑張ってくれよな!

未経験でも経験を積めばwebライターの単価も上がる

もちろん、経験を積めば文字単価もアップする。ある程度読める文章が書ければ、一文字1円ぐらいならすぐ到達する。

それに、おめえがちゃんと納期を守って毎回記事を書いてりゃ、定期的に発注してくれるクライアントも見つけられる。

ただ、クラウドワーカーの外注ライターの場合は文字単価1円から1.5円ぐれえが限界だ。

これ以上単価を上げるとなると、よっぽど文章が上手いか、医療系や金融系などの専門知識がねえとほぼ不可能だ。もちろん経験を積んで行けば単価も上がっていくが、肩書や実績がないとなかなか文字単価は上げることは難しいぞ。

あと、外注ライターの記事の使い道のほとんどが、個人事業主のアフィリサイトだ。

アフィリは浮き沈みが激しい商売だから、すぐに首を切られたり単価を下げられたりする。

だから安定した収入を得るのは至難の業だぞ!

まあ、外注ライター自体、使い捨ての下級戦士みてえなもんだから、これ一本で生活していくのは無理があんぞ。

webライターはどこで募集している?

十分に経験を積んだライターならば、ようやく企業お抱えのwebライターになることができっぞ!

今時の企業はどこでも自社が運営してるwebサイトを持ってっから、そこに掲載する記事を書いてくれる奴を求めてる。

バイトを使ってることもあるけど、正社員のライターを募集してる企業もあっぞ!

そういう求人は数は少ねえけど、リクナビネクストとかにもたまに載ってる。

リクルートエージェントとかの転職エージェントに相談してみるといいかもしれねえな!

まとめ

webライターに未経験で転職するのは不可能だ。絶対に経験が必要だから、まずは外注ライターとしてスキルを積むことになっぞ!

あとオラからアドバイスとして、単純に文章が書けるだけじゃなくて、他になんかのスキルがあった方が評価されやすいぞ!

医療、美容、金融などの専門知識もそうだし、売れる文章が書けたり(コピーライティング、セールスライティング)、webデザインやSEOの知識があると非常に転職しやすい。

なぜなら、企業はライティングだけじゃなくて、サイト運営自体を任せられる人材をなるべく採用したいと思ってるからだな。

実際、最初はwebライターとして入社しても、数年経ったらwebディレクターみたいなことをやってる奴は非常に多い。

だから、ライティングだけじゃなくて、webマーケ全体の知識を身につけることが重要だぞ!

関連記事

副業するために楽な会社へ転職するのはアリ?
副業するために今よりも楽な会社へ転職するという考え方はある意味正解です。しかし、副業を始めたばかりだったり、本業の仕事が全くできないなどの場合は転職しない方がいいです。
在宅ワークの正社員に転職する方法
在宅ワークの正社員に転職する方法を紹介します。未経験では難しいですが、スキルと経験がある人材なら最近ではリモートワークも盛んです。
在宅ワークを一年半ぐらい続けて精神を病みそうになった話
在宅ワークで一年半ぐらい働いていた私の感想を書いています。暇すぎて精神がおかしくなったのであまり人にはおすすめできません。
人と関わらない仕事で生計を立てていくのは難しいぞ!
人と関わらない仕事は高度なスキルを必要とするため、生計を立てていくのは非常に難しいです。
在宅ワークの正社員に転職する方法
在宅ワークの正社員に転職する方法を紹介します。未経験では難しいですが、スキルと経験がある人材なら最近ではリモートワークも盛んです。

コメント