起業するために会社を辞めるだ?きさま、この野郎・・・

会社を辞める

更新日

オッス!今回は起業するために会社を辞めることについてボロクソに貶してくぞ!

スポンサーリンク

起業のために会社を辞めることは無謀

 

結論から言うと、起業するために会社を辞めるのはあまりにも無謀すぎる。

どれぐらい無謀なのかというと、ヤムチャが一人でナメック星に行ってフリーザと戦うぐらい無謀だ。

だけど、ネット上には

起業なんて簡単だからー

今時社畜とかマジで終わってる

すぐ会社を辞めて起業しよう!

と、おめえにさっさと会社を辞めて起業させようとするインフルエンサーどもが蔓延ってる。

こいつらは耳障りの良いことばかりつぶやくから、会社に不満があって精神が弱ってると言うことを鵜呑みにしちまいやすい。

でも、こいつらの言うことを真に受けちゃいけねえ。

こいつらインフルエンサーの正体は運が良かったか、スーパー賢かったかどちらかだ。

さっきのナメック星の例えでいうと、凄まじい努力の末スーパーサイヤ人に覚醒してフリーザを倒したか、ウイルス性の心臓病でフリーザが死んだかのどちらかだ。

もちろん数が多いのは後者で、サラリーマンをTwitterで適当に貶して、仮想通貨とfx口座を売りつけたイケハヤとかが有名だな!

そんで起業に成功したヤムチャがインフルエンサーになって

ニート
ニート
起業なんて簡単だぞー!元ニートのヤムチャさまでも社長になれるんだからな!

とツイッターで発言し、鵜呑みにしたバカがナメック星へ旅立っていく。

そしてそのバカのうちごく一部は無事にフリーザを倒して地球に帰還する。そしてまたツイッターで勝利宣言して・・・

の繰り返しだ。

ここで気をつけなきゃいけないのが、100人に一人ぐらい起業して成功するヤムチャがいる影で、殆どのヤムチャが失敗して犬死にしてるってことだ。おそらくナメック星には起業に失敗して借金まみれになったり、派遣のバイトしたりしてるヤムチャの山ができてっぞ。

たしかにインフルエンサーが言う通り、起業すれば運良く成功できるかもしれないが、それはほんの一握りだ。

実際、設立1年間で50%の会社が潰れるし、10年では95%の会社が倒産する。

起業には非常に高いリスクがあるから、おめえもそのことだけはよく考えたほうがいいぞ。

いかに企業が厳しいかオラが現実をみせてやっぞ!

 

これだけ言っても会社を起業がどれだけむずかしいのかよくわかんねえ奴が殆どだと思う。

そこで、オラの実例を出して説明してくぞ。

どうせ起業とかカッコつけても、おめえがなりたいのは

ブロガー
ユーチューバー
アフィリエイト
せどり・転売

のどれかなんだろ?

これらは元手や資格がなくても手軽に始められるし、リスクが少ないから起業にはオススメだし、これらを一生懸命やれば稼げるのはマジだ。

実際、オラもアフィリエイト会社で在宅ワークやってたから、この界隈にはめちゃくちゃ詳しい。

実際アフィリとかで月何百万、数千万と稼ぐ強え奴がいっぺえいるのもマジだし、何人もの超アフィリエイターに会ったこともある。

でも、アフィリを始めこれらのネットビジネスは移り変わりが激しい。googleやAmazonのさじ加減一つで月の売り上げが乱高下するし、かつて通用したノウハウが一年後全く役に立たないこともザラにある。

オラを在宅ワークとして雇ってくれていたアフィリエイターも、オラが働いてた頃は月に400万稼いでた。

でも、こないだ久し振りに電話したら今は月50万しか稼いでねえそうだ。

さらに、昔1000万稼いでても収入が突然激減して就職した人もいるし、バイトの警備員やってる人もいる。

このように、非常に不安定なのがネットビジネスだから、いきなり起業して会社を辞めるとかバカな真似は絶対に辞めた方がいいぞ。

サラリーマンでも起業できる

 

でも、オラはおめえが起業するのを全否定するつもりはねえ。何も会社を辞めなくたって起業はできる。オラもこうやって働きながらサイトを作ってるし、せどりとかユーチューバーとかも副業でやってる奴はいっぺえいる。

あのヒカキンだってスーパーでバイトしながら動画を作ってたそうだし、会社を辞めて退路を断つよりも、最初は兼業でやる方がずっといいし、何より楽だ。サラリーマンなら給料が突然なくなる心配はねえからな。

それで軌道に乗ってきたら法人化して会社を辞めるのがいいぞ。

辞める基準は人によるけど、ずっと食っていける自信がついたかどうかだと思う。

起業したらオラたちサイヤ人のように死ぬまで戦え続けなきゃいけねえから、その覚悟があるならやってみてくれよな!

会社を辞める
スポンサーリンク
シェアする
転職サイヤマン|空白期間ありのニートやフリーターでも高収入ホワイト企業に就職する方法

コメント