退職代行が失敗したりトラブルの可能性はゼロ!即日で辞められる!

会社を辞める

更新日

オッス!今回は退職代行業者に退職を依頼して、失敗する可能性はあるかどうかについて説明すっぞ!

スポンサーリンク

退職代行で失敗する可能性は「ゼロに限りなく近い」

 

結論から言うと、退職代行業者が失敗する可能性は限りなくゼロに近い。
なぜなら、オラが調べた限り退職成功率が99%以下の業者は一つもなかったからだ。

退職代行EXIT
退職成功率100%
トラブル0件
退職代行SARABA
退職成功率100%
トラブル0件
辞めるは恥だが役に立つ【退職代行サービス 辞め恥】
退職成功率100%
トラブル0件
ニコイチ
退職成功率100%
トラブル0件
退職代行コンシェルジュ
退職成功率100%
トラブル0件
辞めるんです
退職成功率100%
トラブル0件

というか、成功率100%を公言している業者がほとんどだった。あと、企業から訴訟されたり、損害賠償を請求されたり、懲戒免職扱いになるなどのトラブルが過去に起きた業者も一件もなかった。

そして何より、どこの退職代行サービスも全額返金保証を付けている。これは逆に言えば絶対に失敗しない自信のあらわれでもあっぞ。

だから、

退職代行を頼んで失敗したらどうしよう・・・

悩んでいる行為はハッキリ言って時間の無駄だと思うぞ。

即日退職もほとんどの場合認められる

 

さらに、即日退職もほとんどの場合認められる。本来なら二週間前までに辞めることを通知しなければいけないという決まりがあるが、このルールに罰則はない。
だから、業者に

〇〇さんが明日から辞めたいそうです。

と会社に伝えたら、ほとんどの会社は

企業
企業
はいそうですか

と認めてくれっぞ。
オラも業者は使ったことねえけど、辞めることを会社に伝えたら即日で帰らせてくれたことは何度もあった。
このように、意外と簡単に辞めさせてくれるから、即日退職代行が失敗する可能性も非常に低いと考えて構わねえぞ。

非弁業者でも弁護士でも同じ

 

あと、退職代行業者は弁護士事務所が行っているものと、民間業者が行っているものがある。
よく、

退職代行は非弁行為で法律違反だから弁護士事務所に相談しましょう

という意見を見かけるが、それは間違っていると思う。

なぜなら退職代行業者はあくまでも本人の意思を代弁しているだけだからだ。
そして、日本国には職業選択の自由があるから、おめえが会社を辞めたいと言えばそれで終わりだ。

たしかに弁護士には残業代を請求したり、パワハラ訴訟をしたりすることはできるけど、実はそれらは全くの別問題だ。

だから、残業代を請求したい時はそれはそれで弁護士や労働基準監督署に相談するといいぞ!

退職代行はなぜ失敗しないのか?

 

では、なぜ退職代行は失敗しないのか、その理由を考察していくぞ。

引き止められること自体非常にレアケース

 

退職代行のお仕事は非常にシンプルで、おめえの代わりに辞めることを会社に伝えるだけだ。
あくまでも本人の代理でお願いするだけだから、何の法的な強制力もねえし、会社側にとっては従う筋合いもねえ。

だけっども、ほとんど(99%以上の会社)が電話した時点で

企業
企業
退職したい・・・?そうですかわかりました。○○さんのような虫けらはわが社に必要ありません。もう明日から来なくていいですよ。

とすんなり応じてくれるそうだ。

このことはネットでちょっと調べたら普通に出てくるし、YouTubeでも解説している人は結構いる。
一番わかりやすいのは立花さんの動画だ。

立花さんの彼女は退職代行サービスを運営しており、その業務について弁護士会に乗り込んだ動画をアップロードしてっぞ。

この際、立花さんは退職代行についてはっきりとこう述べている。

ほとんどの会社は辞めますと伝えた時点であっさりと退職に応じるそうです。

前にも書いたと思うけど、企業側も辞めたい人間を無理に引き止めることは原則的にしないし、代行業者を使いたいほど切羽詰まった人間をいちいち会社に呼びつけたりはしない
だから、ほとんどの会社が電話連絡の時点ですんなりと退職を認めてくれっぞ。

ごねられても説得できることがほとんど

 

ただし、ごくまれに

企業
企業
退職代行業者?そんなものを使うことは許しませんよ。辞めたいのなら本人が直接言いに来なさい

とゴネだす会社もいるそうだ。でも、そんな厄介な会社でも退職代行業者が説得すれば辞めることについて了承してくれるそうだ。
もちろん退職代行業者側もプロフェッショナルだから、企業を説得することには慣れているからな。

あと、最終的に辞める辞めないの判断をするのは本人であって、会社側が認めないといっても本人の代理である代行業者の言うことには従わなきゃならないんだ。
だから、どの業者でも100%近い成功率を誇っているんだな。

損害賠償や懲戒免職などのトラブルもない

 

あと、退職代行業者に依頼した場合は損害賠償を請求されたり、懲戒免職になるというトラブルもほとんどない。
なぜなら、日本の労働者は手厚く保護されているからだ。懲戒免職は適用されるのに非常に厳格なルールがある。業務中に重大な犯罪を犯したり、横領をするなどのレベルじゃねえと適用されない。損害賠償も大損害を与えない限り請求できないから、安心して退職代行を使ってみてくれよな!

まとめ

 

退職代行業者が失敗する可能性は限りなくゼロに近い。
弁護士でも民間でもおまちかね100%だ。
だから、安心して即日退職してくれよな!

退職代行ニコイチなら全額キャッシュバックキャンペーン実施中だから、条件さえ満たせば一円も払わずに会社を辞めることができっぞ!
お金をかけずに今すぐ会社を辞めたいのなら、是非使ってみてくれよな!

ニコイチで一円も払わずに今すぐ会社を辞める

会社を辞める
スポンサーリンク
シェアする
転職サイヤマン|空白期間ありのニートやフリーターでも高収入ホワイト企業に就職する方法

コメント