短期間で離職を繰り返すのをやめて永住の地を見つける方法

会社を辞める

オッス!今回は短期間で離職を繰り返す人が永住の地を見つける方法を紹介すっぞ!そろそろ一つの職場で腰を落ち着けてはたらきたいと思うのなら必見だ!

スポンサーリンク

短期間で離職を繰り返す人は意思表示ができない

 

オラの経験上、短期間で離職を繰り返す人は意思表示ができず、職場の人たちと円滑にコミュニケーションが取れない傾向がある。。

他人に意思表示できない人は、不安や不満を溜め込んでしまい、誰にも相談できずにいるから職場に馴染めなくなる。

そして、我慢が限界に達し、最後に会社を辞めることで自分の意思を主張するってわけだ。

オラも短期間で離職を繰り返していたけど、なかなか自分の意見を主張することができなかった。

オラ
オラ

嫌なことや不満があっても社会人だから言い訳しちゃいけないんだ・・・仕事ができないのは自分のせいだから文句を言っちゃいけないんだ・・・

そう思って仕事してた。けど、他人に自分の意思を表示できないのはとても辛いから、こんな状態が長続きするわけがない。

だから新しい職場を見つけてはすぐ辞めての繰り返しで、オラは20代にもかかわらず10回以上転職してる。

このように、自分の意思を他人に表示することができないと短期間で離職を繰り返しやすくなってしまうぞ。

短期間で離職を繰り返すのをやめる方法

 

ではここからは短期間で離職を繰り返すのをやめる方法を紹介すっぞ!

言いたいことをいう

 

まず、さっきも書いたように短期間で離職を繰り返す最大の理由は意思表示できないことにある。

嫌なことは嫌
できないことはできない
やりたくないことはやらない
何でこんなことをするのか

など、疑問に思ったことや不満に思ったことはその都度誰かに話すべきだ。

ニート
ニート

こんなのできませーん

とか、小学生じゃあるまいしこんなの通用しないと思われがちだが、実は意外とイケる。

オラはあんまり言わないけど、

時間がない
生産性がない
リソースがない

などとゴネると案外自分の意見が通ってるのを社内で見かけるぞ!

このように、

ニート
ニート

自分の意見なんか言ってもムダだ

と気持ちにフタをして溜め込まずに、こまめに意思表示するとストレスが溜まりづらく、上手くいきやすいぞ!

職場の人たちと仲良くする

 

あと、職場の人とできれば仲良くしたほうがいい。ずっとぼっちで孤独だと精神を病みやすいし、楽しいことなんて一つもねえ。

 

学生の頃を思い出すとわかると思うけど、学校でぼっちで友達いないとか最悪じゃねえか?

ガキの頃はおめえも友達いないやつをバカにしたり、不登校になんかなりたくねえと思ってたはずだ。これは社会人でも同じだ。別になれ合う必要もねえと思うけど、周囲と変に壁を作っても仕方ねえぞ。

仕事に真剣に打ち込む

 

当たり前だけど、仕事が覚えられないと短期間で離職しやすくなる。

いつまでたってもダメな奴だと次第に周りから人が離れていき、職場に行くのが苦しくなってくる。

そもそも仕事ができねえのに不満ばかり意思表示していたらただの害悪でしかねえ。

そのため、短期間で離職を繰り返すのに終止符を打ちたかったら、仕事に真剣に取り組んでスキルを身につけることも重要だぞ!

安住の地を見つけるまで転職しまくる

 

最後に、おめえにとって居心地のいい職場が見つかるまで転職しまくるのもアリだ。

短期間で離職する原因は環境と自分自身にある。

自分自身の原因は、意思表示できなくて不満を溜め込みがちなのと、仕事ができないことだ。

でも、そもそも職場の環境が悪いとすぐに仕事を辞めたくなるのも無理はねえ。

この会社なら長く働きたい、と心から思えるような職場が見つかるまで転職し続けるのもアリかもしれねえな!

会社を辞める
スポンサーリンク
シェアする
転職サイヤマン|空白期間ありのニートやフリーターでも高収入ホワイト企業に就職する方法

コメント