真におすすめできる転職サイト・エージェントとは?

真におすすめできる転職サイト・エージェントとは? 転職エージェント・転職サイト

オッス!このカテゴリでは転職エージェントと転職サイトに関する

オラが実際に使ってみた感想
掲載されている企業のクオリティ
エージェントなどの裏情報
転職サイト選びに役立つノウハウ

などに関する記事をたくさん掲載してっぞ!

転職を成功させるために一番重要なのは転職サイト選びだ!

転職サイト選びのコツはおめえに合ったサイトを探すこと。
転職サイトには得意不得意があるから、年齢や職業、今までの経歴などから決めるといいぞ。

20代におすすめの転職サイトをあなたの境遇別に紹介
20代におすすめの転職サイトをあなたが今おかれている境遇別に紹介します。

もちろん複数の転職サイトに登録してみて、いい求人があったらパッと応募してみるのも全然アリだ!

オラが使ってみた転職サイトの一覧表

リクルートエージェント マイナビエージェント type
リクナビネクスト ワークポート レバテックキャリア
就職ショップ

 

転職サイトに関する最新記事

面談なしでOKの転職エージェントはある?
転職エージェントと自分で直接応募はどちらが採用されやすい?
転職エージェントはどこまで信用できる?全部正直に話すべき?
リクナビネクストはニートでも登録できる!だが・・・
離職回数が多くても登録できる転職エージェント一覧

転職サイトを格付け【戦闘力】を測定!

でも、転職サイトは世の中に数百個以上もあって、どれを選んでいいのかわからねえ人がほとんどだと思う。
そこで、オラが有名な転職サイトを実際に使ってみて、戦闘力を測定してみたぞ!

戦闘力とは、転職サイト内に優良企業がどれぐらいあるのかを簡単に表した目安だ。

調査内容は転職サイトに掲載された求人を50社ピックアップして、某企業口コミサイトの評価(5点満点)を調べ、平均値を算出するというものだ。

 

この数値が高ければ高いほど、評価が高い優良企業の求人が多い傾向があっぞ。

ちなみにこの口コミサイトは転職会議よりもやや厳しめだから、3以上あればまともな会社、3.5以上なら優良企業だと思ってもらって構わねえ。

もちろん転職サイトには1万件以上の企業が求人を出してるから、この数値はあくまでも目安にしかならねえ。
でも、転職サイト選びの参考にはなると思うから、迷ったら使ってみてくれよな!

口コミサイトで評価が高い転職サイトはどれ?

 

では早速、オラが調べた転職サイトの口コミ評価の点数を発表すっぞ。


GEEKLY(ギークリー):3.39
ビズリーチ:3.357

キャリトレ:3.347
ギークアウト:3.336
ワークポート:3.26

type:3.129
レバテックキャリア:3.12

キャリドア:3.11
はたらいく:3.093
マイナビ転職:3.08
リクナビネクスト:3.066

トップは、IT・web業界向け転職サイトのギークリーだった。ギークリーは大手ITや優良ベンチャーを中心に優良企業の求人が多数掲載されているぞ。

ギークリー(GEEKLY)の評判は最悪?口コミを実際に調べてみた!
Geeklyの評判は最悪なのでしょうか?口コミをネットで調べると悪い評判がヒットします。ですが、ギークリーに掲載されている企業を50社口コミサイトで調べた結果、とても素晴らしい転職エージェントであることが判明しました。

次に、ハイクラス向けのビズリーチやキャリトレは口コミサイトで高評価の企業の求人が多く、他のサイトよりも求人の質が高いことが分かった。

ビズリーチに下級戦士のオラが登録して徹底調査してみた
年収600万以上が対象の「超エリート転職サイト」ビズリーチ【BIZREACH】の評判を徹底調査します。年収300万台の下級戦士の私がビズリーチに登録されている企業の評判や口コミ評価を調べました。
キャリトレに登録したらすぐプラチナスカウトが来た!【口コミを評価】
キャリトレは20代向けのハイクラス転職サイトです。今回は超エリートの私が実際にキャリトレに登録して、本当に好待遇の会社ばかりなのか調査してみました。さらにプラチナスカウトメールも早速送られてきたのでレビューしてみます。

さらに、ギークアウトやレバテックキャリア、type、ワークポートのような専門性が高い転職サイトも口コミの評価は高かった。

ワークポートの口コミや評判は最悪?実際に確かめてみた!
ワークポートはIT系に強い転職エージェントです。評判や口コミを見るとよく「最悪」と書かれていますが本当なのでしょうか?実際にワークポートに掲載されている求人50社の評判を調べて、本当に悪い転職サイトなのか検証してみました。
geekout(ギークアウト)に登録して口コミで求人を評価した感想
ITエンジニア専門の転職サイト、「geekout」に実際に登録して、求人を検索してみました。さらに、掲載されている企業数十社の口コミを調べて評価や残業時間などの平均を算出。本当に優良企業に転職できるのか評価します。
typeに登録してAI転職診断を受けてみたぞ!
「type」という転職サイトに登録して、AIによる適職診断「typeの仕事探しコンシェル」を受診してみました。すると、予想だにしなかった結果に一同驚愕、ヤバすぎる真相に涙が止まらなくなったのです・・・

 

特にレバテックキャリアはITエンジニアの求人にほぼ特化している。ある程度経験があるITエンジニアにはぴったりだぞ。

レバテックキャリアの評判は?口コミや掲載企業を調べて評価してみた!
レバテックキャリアは、エンジニアを中心に、IT、web業界の経験者向け求人に特化した転職サイトです。この記事では評判や口コミを10件紹介するとともに、私の職場にいるレバテック経由で入社した人を取材しました。また、掲載されている企業を50社口コミサイトで調べ、平均評価を算出しています。

↓↓↓レバテックキャリアの公式サイトはこちら↓↓↓

https://career.levtech.jp/

公式サイトはこちら

一方でマイナビ転職やリクナビネクストなどの大手転職サイトは3.1以下と比較的低めの数値となった。

リクナビネクストに掲載中の企業の口コミを50社調べてみた
リクルートエージェントに求人を掲載している企業の口コミ評価を50社調べて平均値を算出してみました。元ニートの私で暇を持て余している私だからこそできる企画ですね!
マイナビ転職に登録して実際に使ってみた感想と口コミ評価
マイナビ転職に登録して実際に使ってみた感想を紹介します。また、口コミサイトでマイナビ転職に掲載されている企業50社の評価を調査し、平均値を算出しました。マイナビ転職の実情を知りたければ是非ご覧ください!

でも、その分優良企業もたくさんあるから、選択肢を増やすためにリクナビやマイナビには登録しておいた方がいいと思う(実際オラが転職した時も活用してた)

↓↓↓今すぐリクナビネクストに登録する↓↓↓
https://next.rikunabi.com/
【30秒で登録完了】今すぐ登録する

リクナビやマイナビの戦闘力が低い理由

 

リクナビやマイナビの戦闘力が低いのには実は理由がある。

これらの転職サイトでは、ほとんどの求人が「非公開求人」になっており、一般ユーザーは閲覧できなくなっているんだ。

実際、リクナビは20万件以上ある求人のうち、なんと9割以上が非公開に設定されているそうだ。

非公開求人に応募するためには、

リクルートエージェント

などのエージェントサービスに登録するしか方法はねえ。

非公開求人には

大手企業
外資系企業
大学職員などのホワイト案件

などの超レア求人がたくさんあっぞ。

これら非公開求人を合計すれば、戦闘力は途方もねえ数字になると思われる。

転職サイトに載ってる求人だけじゃ物足りねえ・・・

と思ったらぜひ登録してみてくれよな!

【電話面談だけでOK!】今すぐリクルートエージェントの面談に申し込む【対面不要!】
https://www.r-agent.com/
【30秒で完了】今すぐ面談に申し込む

転職エージェントについて

転職サイトのほかにも、転職エージェントを使うという手段もある。
転職エージェントを使えば、

書類提出代行
スケジュール管理
面接対策
年収アップなどの交渉

などのサービスを無料で受けることができる。

そのため、転職する時間がなかったり、初めて転職する場合なんかはエージェントを使ったほうがいいと思う。

エージェントは転職サイトの10倍の求人数

 

さらに、転職エージェントは、転職サイトの10倍以上の求人を保有している。

リクルートを例に出すと、リクナビネクストに掲載されてる求人は1万ちょっとだけど、リクルートエージェント経由で応募できる求人数はなんと20万以上!

実は、転職案件のほとんど(90%以上)は転職サイトから誰でも応募できる公開求人ではなく、エージェント経由じゃねえと応募できない非公開求人になってる

エージェントに登録すれば、一気におめえが応募できる企業の選択肢が10倍以上に広がるってわけだな!

おすすめの転職エージェント

オラが実際に使ったことがあるエージェントは3つだ。
リクルートエージェントマイナビエージェント、あと一つはどこだっけな・・・

まあ、この2つのエージェントはさすがに大手だけあって非常に便利だったぞ。
特にリクルートエージェントは初めての転職活動の時に使ったんだけど一か月ぐらいで内定が出てとても満足してっぞ。

【電話面談だけでOK!】今すぐリクルートエージェントの面談に申し込む【対面不要!】
https://www.r-agent.com/
【30秒で完了】今すぐ面談に申し込む

あと、マイナビエージェントも面談しただけだけどとても対応が丁寧だったからオラの中ではかなり高評価だ。

↓↓↓今すぐマイナビエージェントに登録する↓↓↓
https://mynavi-agent.jp/
公式サイトはこちら

初心者にはこの2つのうちどちらか気に入った方を使ってみるのをおすすめすっぞ!
全国対応してるしどの業種でもまんべんなくカバーしてっから、どんな人間でも転職成功しやすいのがメリットだ!

転職エージェントに関する記事一覧

真におすすめできる転職サイト・エージェントとは?
私が実際に登録・利用したことのある転職サイトや転職エージェントのオススメについて書いていきます。転職エージェントは実際に面談したサービスのみ、転職サイトは実際に使ってみるだけでなく、掲載されている企業を口コミサイトで50社調査し、評価点の平均値を算出までしています。ほかにこんな誠実なサイトがありますか?

就職支援サービス(未経験むけ転職サイト)について

正社員としての社会人経験が浅い

第二新卒(新卒から3年以内)
ニート
フリーター
非正規雇用

は、転職市場では極めて不利な扱いを受ける。
高学歴とか、よっぽどすげえスキルがあるやつ以外は、一般向けの転職サイトに登録してもいい結果はでにくい。

高学歴におすすめの転職サイト・エージェントを紹介!
有名大学などを卒業している高学歴の人は、転職サイトよりも転職エージェントを使ったほうがいいです。なぜなら、優秀そうな人材は非公開求人を優先的に紹介してもらいやすいからです。

そこで、そういう場合には就職支援サービスを使うという手段があっぞ。

就職支援サービスとは、これらの若者を待遇がいい会社の正社員として就業するのをサポートするサービスだ。

学歴・経歴不問
書類選考なし

の企業だけを紹介しているほか、面接対策や社会人マナー講座なども無料で受講できっぞ。
まあ簡単に言えば、就職支援サービスはニート・フリーター向けの転職エージェントみてえなもんだな。

就職支援サービスのおすすめ

就職支援サービスにはいろいろあっけど、オラが実際に行ってみたのは

就職shop
楽な転職.com

の二つだ。どちらも紹介する企業に一々訪問し、ちゃんと法令を遵守した優良企業かどうか確かめてるって言ってたぞ。

楽な転職.comへ面談に行った感想と評価。ホワイト企業に転職できるのか
楽な転職.comを使えば、本当にホワイト企業に転職できるのか?そう疑問に思った私は、楽な転職.comのオフィスを訪れ、キャリアコンサルタントと面談してきました。その時の感想や、この転職サイトの総合的な評価を掲載します。

特に就職shopについては、内定が決まった後もちゃんと企業に応募者の性格や境遇などを伝えて、手厚いサポートが受けられるようにお願いするそうだ。
その結果、どんな引きこもりのニートでも途中で離職した人がほとんどいねえそうだ。

オラの調査結果では上記2サイトが離職率も低く、ユーザーの満足度が非常に高かったぞ。
ニートやフリーター、第二新卒は是非使ってみてくれよな!

就職shopで面談に行った時の評判と体験談
私が就職shopの面談を予約して、実際にキャリアコンサルタントのところに就職相談しに行ったときの感想を記した体験談です。気になる評判などが分かるので、就職ショップに興味がある人は是非読んでみてください!
※【3月27日追記】電話相談だけでお仕事を紹介してもらえるようになりました!家から出ずに就活できるので便利です! ↓↓↓【相談だけでもOK】今すぐ就職shopの面談を予約する↓↓↓
https://www.ss-shop.jp
【30秒で完了】今すぐ面談に申し込む

 

転職サイト・エージェントの個別レビュー

 

オラが実際に登録・利用したことがある転職サイト・エージェントについて個別にレビューすっぞ。

転職サイト

オラが実際に登録して使ったことのある転職サイトの一覧だ。

ビズリーチ


もしおめえが真面目に働いててある程度キャリアもしっかりしてれば、転職サイトはビズリーチ一択だ。
ビズリーチというとハイクラス向けで年収600万円以下はお断りみてえな雰囲気があるが、実はそうではない。

登録自体は誰でもできるし、そこそこスキルがあればちゃんとヘッドハンターからオファーも届く。
実際オラも年収300万円台の下級戦士だけど登録して一日ぐらいで10通ぐらいプラチナスカウトが来たぞ。

ビズリーチのヘッドハンターは企業が直接行うんじゃなくて、中小の転職エージェントがやってる。

だから、ビズリーチ経由でエージェントと知り合いになって、そこからたくさんの優良案件を紹介してもらうっていう方法もできるぞ。

ただ、何のスキルもねえ奴が登録してもおそらくダメだと思うから、そこだけは注意してくれよな!

ビズリーチに下級戦士のオラが登録して徹底調査してみた
年収600万以上が対象の「超エリート転職サイト」ビズリーチ【BIZREACH】の評判を徹底調査します。年収300万台の下級戦士の私がビズリーチに登録されている企業の評判や口コミ評価を調べました。

キャリトレ

キャリトレはビズリーチが運営する20代向けの転職サイトだ。年齢層が違うだけで中身は全くビズリーチと一緒だから、20代の場合はこっちの方がいいと思う。

求人の質はビズリーチとほぼ同じだ。ちなみにキャリトレにオラが登録したら、20社以上プラチナスカウトが来たぞ。

キャリトレに登録したらすぐプラチナスカウトが来た!【口コミを評価】
キャリトレは20代向けのハイクラス転職サイトです。今回は超エリートの私が実際にキャリトレに登録して、本当に好待遇の会社ばかりなのか調査してみました。さらにプラチナスカウトメールも早速送られてきたのでレビューしてみます。

レバテックキャリア

レバテックキャリアはエンジニアを中心としたIT・web業界専門の転職サイトだ。もともとレバテックを運営する「レバシーズ」はITエンジニアの会社だから、専門知識豊富なアドバイザーがおめえの要望に沿った会社を紹介してくれっぞ!

あと、レバテックキャリアでは企業の採用情報をデータ化しており、綿密な面接対策を受けることが可能だ。だから、内定獲得率が他のエージェントよりも非常に高いのもメリットだぞ。IT・web業界(特にエンジニア・デザイナー)の経験者であれば絶対に登録しておくべき転職サイトだ!

レバテックキャリアの評判は?口コミや掲載企業を調べて評価してみた!
レバテックキャリアは、エンジニアを中心に、IT、web業界の経験者向け求人に特化した転職サイトです。この記事では評判や口コミを10件紹介するとともに、私の職場にいるレバテック経由で入社した人を取材しました。また、掲載されている企業を50社口コミサイトで調べ、平均評価を算出しています。

↓↓↓レバテックキャリアの公式サイトはこちら↓↓↓

https://career.levtech.jp/

公式サイトはこちら

ギークリー

ギークリーは評価ランキングで一位を獲得した優良転職サイトだ。web、IT業界に特化した転職サイトだが、案件数が非常に多く、エンジニアだけじゃなくて営業やマーケなどの職種も豊富だぞ。

ギークリー(GEEKLY)の評判は最悪?口コミを実際に調べてみた!
Geeklyの評判は最悪なのでしょうか?口コミをネットで調べると悪い評判がヒットします。ですが、ギークリーに掲載されている企業を50社口コミサイトで調べた結果、とても素晴らしい転職エージェントであることが判明しました。

ギークアウト

ギークアウトはITエンジニア向けの転職サイトだ。掲載されている企業の求人は、口コミサイトでの評価は概ね高かった。

あと、このサイトのこだわり条件は「椅子の座り心地がいい」とか、ITエンジニア向けにカスタマイズされていて使いやすいと思うぞ。
まあオラ文系だから詳しいことわかんねえぞ~

geekout(ギークアウト)に登録して口コミで求人を評価した感想
ITエンジニア専門の転職サイト、「geekout」に実際に登録して、求人を検索してみました。さらに、掲載されている企業数十社の口コミを調べて評価や残業時間などの平均を算出。本当に優良企業に転職できるのか評価します。

type

typeは主にIT企業への転職に強いサイトだ。求人の質も比較的高く、変なブラック企業はあまり掲載されていなかった。

あと、typeは普通の転職サイトなら非公開求人になっているはずの大手企業にも普通に応募できるのが特徴だ。いちいちエージェントと面談するのが面倒なならtypeを使ってみるべきだぞ。

ちなみにtypeではAIが求人を選んでくれる機能があるんだけど、かなり高精度でびっくりしたぞ。

typeに登録してAI転職診断を受けてみたぞ!
「type」という転職サイトに登録して、AIによる適職診断「typeの仕事探しコンシェル」を受診してみました。すると、予想だにしなかった結果に一同驚愕、ヤバすぎる真相に涙が止まらなくなったのです・・・

ワークポート

ワークポートはIT系の転職に強いエージェントだ。IT系以外でも幅広い案件を扱ってっぞ。

ちなみにワークポートはネットで評判がボロクソ書かれてたけど実際登録したらそんなでもなかった。というか普通に優良企業の求人がいっぺえあったぞ。

ワークポートの口コミや評判は最悪?実際に確かめてみた!
ワークポートはIT系に強い転職エージェントです。評判や口コミを見るとよく「最悪」と書かれていますが本当なのでしょうか?実際にワークポートに掲載されている求人50社の評判を調べて、本当に悪い転職サイトなのか検証してみました。

↓↓↓公式サイトはこちら↓↓↓

https://www.workport.co.jp/

キャリドア

キャリドアは口コミサイトと転職サイトが融合した一風変わったサイトだ。口コミを見ながら会社選びができるから非常に便利だ。

あと、口コミだけじゃなくて適職診断や業界研究などもできるから、キャリドア一つあれば転職活動が完結できる仕組みなってっぞ。

キャリドアに登録して口コミを投稿してみた!全機能を徹底解説!
キャリドアは、企業の口コミの閲覧から求人の応募まで一貫して行える転職ポータルサイトです。キャリドアに実際に登録して口コミを調べてみたり、掲載している企業の評価を調査してみたりしました。

マイナビ転職

マイナビ転職は8万件以上の案件を抱える超大手転職サイトだ。特にITや営業に強いといわれてっぞ。

ちなみにマイナビ転職に登録するだけでは非公開求人には応募できないから、エージェントにも登録したほうがいいぞ。

↓↓↓今すぐマイナビエージェントに登録する↓↓↓
https://mynavi-agent.jp/
公式サイトはこちら

リクナビネクスト

ご存知リクルートが運営するリクナビネクストは、日本最大の転職サイトだ。営業やIT系の案件が非常に豊富で未経験向けの職種もたくさんある。登録していない人は一応しておいたほうがいいぞ。

リクナビNEXTを使ってみた感想と評価をホンキで解説!
リクナビNEXTを実際に使ってみた感想と評価(よかった点、悪かった点)を画像つきでホンキで解説します。
↓↓↓今すぐリクナビネクストに登録する↓↓↓
https://next.rikunabi.com/
【30秒で登録完了】今すぐ登録する

MIIDAS

MIIDASは市場価値診断で有名な転職サイトだ。市場価値診断とは、経歴や職歴を入力するだけで適正年収を診断してくれるテストのことだ。ちなみにオラが受信したら655万円だったけど、中卒ニートが診断を受けたらやべえ数値が出たぞ!

MIIDASに職歴なしニートが登録して、市場価値を計った結果・・・
中卒の職歴なしニートにMIIDASで市場価値を計ってもらいました。果たして彼の推定年収オファーはいくらだったのでしょうか?

↓MIIDASの公式サイトはこちら↓

https://miidas.jp/

公式サイトはこちら

 

はたらいく

はたらいくはリクルートが運営する地域密着型の転職サイトだ。中小企業~零細企業など、あまりほかの転職サイトではおめにかかれない求人がたくさんあっぞ。特にドライバーや店舗スタッフなどの求人がメインの印象があったな。

はたらいくは評判悪いブラック企業が多い?口コミを調べてみた
はたらいくに掲載されている求人の口コミを調査して、本当にブラック企業が多いのか調べました。

はたらいくの公式サイトはこちら

green

greenはweb系のベンチャーに特化した転職サイトだ。ほかのサイトには掲載されていないベンチャーの求人がいっぺえあっぞ。

ベンチャーは情報が少ないし、経営が安定してねえからギャンブルになっちまうけど、成功すればリターンはすげえことになる。

現時点でベンチャーへの応募はgreenが一番手っ取り早いと思うから、頭空っぽにして夢詰込みてえ奴は登録してみたらいいんじゃねえかな!

green(転職サイト)を実際に使って内定を獲得した感想と評価
greenはIT(特にweb系)ベンチャーに非常に強い転職サイトです。掘り出し物の優良ホワイト企業もありますが、ハズレのブラック企業もそれなりにいるので注意しましょう。

グリーンの公式サイトはこちら

エン転職

エン転職は中小企業に強い転職サイトだ。小さな会社でもきちんと取材を行って、どんな仕事内容なのか丁寧に説明してくれっぞ。

あと、メリットだけじゃなくてデメリットも解説してくれるし、カイシャの評判っちゅう口コミサイトも運営してる、ユーザー目線のサービスを提供してるサイトだ。

エン転職を使って実際に内定を獲得したときの感想
転職サイト「en転職」で何度も内定を取った私がくわしくシステムや成功するためのコツについて説明します。

エン転職の公式サイトはこちら

LinkedIn

LinkedInは転職やビジネスのためのSNSだ。登録すると企業からオファーが来ることがあるし、採用担当に直接コンタクトを取ることができっぞ。

でも、あんまり日本では浸透してないから、ほぼ外資のエリート企業や転職サイトの営業しかお呼びがかからねえ。まあ、すげえキャリアを持ってるのなら、転職サイトじゃなくてLinkedInを使ってみてもいいんじゃねえかな。

LinkedInで転職に成功できるのはハイスペック人材のみ
Linkedinは意識高い系の転職用SNSで、企業の選考に応募できたり、スカウトが来たりします。しかし、現在Linkedinを採用に活用しているのは一部の外資系ITやベンチャー企業などであり、普通の人が登録してもメリットがあまりないでしょう。

LinkedInの公式サイトはこちら

Indeed

Indeedは世界最大の転職サイトだ。求人数は300万件以上と圧倒的な数を誇る。よく調べてみると結構掘り出し物の求人もヒットするけど、誰でも無料で登録できるからハローワークを追放されたとんでもねえ企業も混じってるらしいぞ!

indeedで転職するのは危険?実際に使ってみた評価
indeedは世界最大の転職サイトです。実際に使ってみた評価と感想、メリットとデメリットを紹介します。ちなみにindeedには優良な求人がたくさんありますが、致命的な欠点があるので上級者向けのサイトだといえます。

インディードの公式サイトはこちら

転職エージェント

 

お次にオラが実際に使ってみた転職エージェントについてレビューしていくぞ。

リクルートエージェント


リクルートエージェントはオラが生まれて初めて使った転職エージェントだ。

キャリアコンサルタントとの面談一回、たった一か月で希望通りの企業から内定が出たぞ。

リクルートエージェントは案件も20万件以上と豊富で、おめえに合った会社が見つかりやすい。
それにサポートも豊富だから、迷ったらリクルートエージェント一択だ。

リクルートエージェントを使ってみた感想を紹介すっぞ!
私は最初の転職でリクルートエージェントを使用しました。その時の感想を紹介します。
【電話面談だけでOK!】今すぐリクルートエージェントの面談に申し込む【対面不要!】
https://www.r-agent.com/
【30秒で完了】今すぐ面談に申し込む

マイナビエージェント

マイナビエージェントはIT、営業に強い転職エージェントだ。
オラも一回面談したことがあるけど、ものすごく対応が丁寧で好感が持てたぞ。あと、WEB系の職種にも結構強いらしく、
2週間ぐらいあればレア求人にも応募可能って言ってたから、本当にITに強いんだな。

↓↓↓今すぐマイナビエージェントに登録する↓↓↓
https://mynavi-agent.jp/
公式サイトはこちら

DODA

DODAも転職エージェントして有名だ。熱心な面接指導などが売りで、初心者にはおすすめ・・・
してえんだけど、オラはDODAに認めたくねえ若さゆえの過ちがあるからあんまり紹介したくねえんだ。
詳しくはこの記事を読んでみてくれよな!

DODAのエージェントで昔ひどい目に遭った話
DODAのエージェントは熱心に指導してくれます。しかし、過干渉気味なので自由に転職活動したい人には向いていません。私も実際に使っていましたが、自分が希望する条件と異なる企業を紹介され、自力で獲得した内定を辞退するように迫られたことがあります。

就職支援サービス

 

最後に就職支援サービスを紹介していくぞ!

就職ショップ

就職ショップはさっき書いた通り、どんな引きこもりのニートでも社会復帰させてくれる宇宙最強の就職支援サービスだ。
書類審査もねえし、紹介してもらえる企業もニートや引きこもりに理解がある優しい会社オンリーだ。
社会人経験の浅いニートやフリーター、第二新卒にはおすすすめの就職支援サービスだぞ。

就職shopで面談に行った時の評判と体験談
私が就職shopの面談を予約して、実際にキャリアコンサルタントのところに就職相談しに行ったときの感想を記した体験談です。気になる評判などが分かるので、就職ショップに興味がある人は是非読んでみてください!
※【3月27日追記】電話相談だけでお仕事を紹介してもらえるようになりました!家から出ずに就活できるので便利です! ↓↓↓【相談だけでもOK】今すぐ就職shopの面談を予約する↓↓↓
https://www.ss-shop.jp
【30秒で完了】今すぐ面談に申し込む

楽な就職.com

楽な就職.comが紹介する企業は全て、ちゃんと法令を遵守している優良企業だけだ。有給取得率が高く、残業時間も少ない会社しか紹介してねえし、学歴経歴不問だから誰でも応募できっぞ。ブラック企業で悩んでいる人やフリーターなんかに人気があるようだな。

楽な転職.comへ面談に行った感想と評価。ホワイト企業に転職できるのか
楽な転職.comを使えば、本当にホワイト企業に転職できるのか?そう疑問に思った私は、楽な転職.comのオフィスを訪れ、キャリアコンサルタントと面談してきました。その時の感想や、この転職サイトの総合的な評価を掲載します。

↓↓↓楽な転職の公式サイトはこちら↓↓↓

https://rakunatenshoku04.com/

公式サイトはこちら

転職サイトに関する記事一覧

 

転職エージェント・転職サイト

面談なしでOKの転職エージェントはある?

面談なし・電話相談のみでお仕事を紹介してくれる転職エージェントを紹介します。家にいながら転職活動ができるのでとても便利です。
転職エージェント・転職サイト

転職エージェントと自分で直接応募はどちらが採用されやすい?

転職エージェントと自力で企業に直接応募するのはどっちが有利なのでしょうか?大手企業などはエージェントに採用を丸投げしていることもあるのでエージェント有利ですが、中小企業の場合採用コストの面から直接応募のほうが喜ばれることがあります。
転職エージェント・転職サイト

転職エージェントはどこまで信用できる?全部正直に話すべき?

転職エージェントは100%信用するのではなく、自分の印象がよくなるようなことしか話してはいけません。能力が劣っている人材とみなされると、不人気企業ばかり勧めてくるようになってしまいます。
転職エージェント・転職サイト

リクナビネクストはニートでも登録できる!だが・・・

リクナビネクストはニートでも登録できますし、職歴不問・ブランクOKの求人もたくさんあります。そのため、ニートはリクナビネクストに登録すれば就職すること自体は可能なのですが・・・
2020.07.02
転職エージェント・転職サイト

離職回数が多くても登録できる転職エージェント一覧

離職回数が多い人は転職エージェントに登録できないことがあります。今回、離職回数3回で現在フリーターの28歳の方に協力してもらい、離職歴があっても登録できるエージェントを紹介していきます。
転職エージェント・転職サイト

転職サイトは偽名で登録してもいいの?【裏技を紹介】

転職サイトは偽名で登録するのはやめましょう。メリットが何一つないですし、本名で登録しても第三者にバレることはありません。しかし、どうしても偽名で登録したいというのなら、とっておきの裏ワザを紹介します。
転職エージェント・転職サイト

5つの転職エージェントを比較してみた!【実際に面談した感想】

実際に面談したことのある転職エージェントを比較してどこがおすすめなのか検証してみました。
2020.02.02
転職エージェント・転職サイト

外資系企業におすすめの転職サイト・エージェント5選

外資系企業におすすめの転職サイト・エージェントを紹介します。金融やコンサル、ITなどの外資系巨大企業の求人がたくさんあるサイトを5つ紹介します。
転職エージェント・転職サイト

IT・web系に強い転職サイト・エージェントのおすすめはどれ?

IT・WEB系に強い転職サイト・エージェントを紹介します。
転職エージェント・転職サイト

転職エージェントに門前払いされたり会社の紹介を断られたら

転職エージェントに求人紹介を断られたりする、いわゆる「門前払い」の原因と対処法を紹介します。